Home >> イベント >> 【丸の内・触れる地球ミュージアム】キッズプログラム満載…次世代デジタル地球儀で考える未来

【丸の内・触れる地球ミュージアム】キッズプログラム満載…次世代デジタル地球儀で考える未来

2016.07.26

「地球目線」で考えよう

この夏、地球にさわって楽しめる「丸の内・触れる地球ミュージアム」(東京・千代田区)が、2016年7月29日(金)〜10月30日(日)にオープンします。

丸の内・触れる地球ミュージアム2

この「丸の内・触れる地球儀ミュージアム」は、NPO法人 Earth Literacy Program代表竹村真一さん(京都造形芸術大学教授)がプロデュースしたもの。

次世代のデジタル地球儀「触れる地球」5台を常設展示し、地球温暖化による北極やヒマラヤの氷の融解が、日本の私たちの暮らしにどのように影響してくるのか。大気汚染物質も隣の中国だけでなく、地球の反対側からも運ばれてくること。

また、世界の異常気象や自然災害がもはや対岸の火事ではない時代だということ…など、地球のいまとおもしろさを知り、地球の未来を考える体験ができます。

期間中は、4つのテーマ展示が行われます。

  1. 7月28日(木)〜8月22日(月)…森・海・生物多様性
  2. 8月24日(水)〜9月12日(月)…防災・減災・レジリエンス
  3. 9月14日(水)〜10月3日…都市の未来
  4. 10月5日(水)〜10月30日(日)…地球の食と農

会場は、東京駅と「丸ビル」、「新丸ビル」をつなぐ地下通路「行幸通り地下通路」の全長220メートルにもおよぶ通路空間。

40本の柱に貼られたメッセージポスターにより、日本の技術力・企業力が切りひらく新たな地球の未来ビジョンを可視化し、地球目線で捉えた世界や日本の食の未来像、気象・ 海象・地震、防災減災などをテーマにした体験型展示を併せて展示。

40本の柱に貼られたメッセージポスターにより、日本の技術力・企業力が切りひらく新たな地球の未来ビジョンを可視化し、地球目線で捉えた世界や日本の食の未来像、気象・ 海象・地震、防災減災などをテーマにした体験型展示を併せて展示。

気軽に立ち寄れるロケーションなのもうれしいですね。

キッズ向けプログラムも充実

夏休み中は、子ども、親子連れを対象にしたセミナー、ワークショップも開催。

地球未来塾(各回14時〜15時30分)

親子連れを対象に多彩なゲストと地球の未来像をひも解きます。

  • 7月30日(土)…「宇宙」山崎直子氏(宇宙飛行士)〜人はなぜ宇宙に行くのか?
  • 8月7日(日)…「人間」為末大氏(元アスリート)〜ロボット、AI、パラリンピック。人間 はどう進化するか?
  • 8月21日(日)…「海」佐藤卓氏(デザイナー)〜「海」から地球を考える
  • 9月25日(日)…「森」隈研吾氏(建築家)〜なぜ国立競技場を「木」で作るのか?

子ども地球教室(14時〜15時)

夏休みの平日・土日祝に開催。親子連れを対象に、7つのテーマを日替で取り上げるセミナー(60分、事前予約制)。

  • 地球はいかにして特別な星になったか?〜地球の生いたちを語る〜
  • 不動の大地もうごいてる?〜大陸移動、日本列島のなりたち〜
  • ちゃんと知る、地球温暖化〜北極と私たちの暮らしの意外な関わり〜
  • 宇宙船地球号の動かしかた〜エネルギーの未来〜
  • 2050年、人類が地球を進化させる?〜この星に私たちは何のためにいるのか?〜

中高生向けイベントも開催

秋口からは、高校生・大学生向けの未来の職業ワークショップや、大人向けソーシャルデザインのワークショップなども開催予定です(事前予約制)。

未来をつくる仕事

2030年に社会の主役になる世代(中高生・大学生)にむけ、企業人が語るセミナー(モデレーター/竹村真一さん)。

  • 「水の世紀」をデザインする 〜LIXIL+ウェザーニュース
  • 21世紀の「森」をつくる会社 〜サントリー+シェルター+サラヤ
  • リサイクルから「アップサイクル」へ 〜三菱C、中越パルプ、日本リ ファイン
  • 2030年、地球の「都市」を設計する 〜三菱地所、国際航業
  • 「地球食」のOSを求めて 〜味の素、JA全農

未開の未来

ソーシャルデザイン・ワークショップで、平日の夕刻に開催。毎回、 参加者がワールドカフェ形式で討議して未来提案にまとめまていきます(モデレーター/竹村真一さん)。

第1回 「20世紀文明を脱衣する」 ゲスト/堀潤さん(ジャー ナリスト)

  • 都市の再発明
  • Beyond 2020~東京五輪はどこへ向かう扉か?
  • オフグリッド〜エネルギー自立と場所からの解放
  • 「惑星系」システムのデザイン~宇宙目線で考える地球の未来
  •  AI・ロボットとの共進化は可能か?

※2回目以降、テーマ・ゲスト調整中

詳細や申し込みは、「丸の内・触れる地球ミュージアム」公式サイトで確認を。

【丸の内・触れる地球ミュージアム】

  • 主催:一般社団法人 触れる地球の会
  • 日程:2016年7月29日 (金) 〜10月30日(日)10時〜19時 ※火曜日、8月12(金)〜16(火)は休館
  • 会場:「行幸通り地下通路」(東京都千代田区丸の内 2-4-1 先、東京駅と皇居をつなぐ行幸通り) 開
  • 入場料 : 無料(一部プログラムに教材費の徴収等あり)

最新情報をFacebookにて
いちはやくお届け!

<