Home >> 中学・高校 >> 高校 >> 【慶應大学】3〜15万円の賞金を5名に授与「小泉信三賞全国高校生小論文コンテスト」9/5〆切

【慶應大学】3〜15万円の賞金を5名に授与「小泉信三賞全国高校生小論文コンテスト」9/5〆切

2017.05.11


5つのテーマで小論文に挑戦

「慶應義塾大学」(東京・港区)は、「第42回小泉信三賞全国高校生小論文コンテスト」への応募作品を、2017年9月5日(火)まで募集しています。

このコンテストは、1933(昭和8)年から約13年間慶應義塾長を務めた小泉信三博士の没後10年を記念し、1976年にスタート。卓越した研究者・教育者であり、優れた文筆家でもあった小泉博士の人格と業績を後世に伝え、青少年の文章表現能力の向上に寄与することを目的に実施されています。

小泉信三賞

以下の5つの課題から1つを選択し、6000~8000字(手書き原稿用紙15枚以上20枚以内)で論旨のはっきりした「小論文」としてまとめてください。

  1. 東京
  2. SNS社会と教養
  3. オタク
  4. 民主主義とは何か
  5. 天は人の上に人を造らず人の下に人を造らずと云えり

応募スケジュールなど

応募資格は、高校に在学中の生徒(高等専門学校、中等教育学校、海外の学校等は高校に相当する学年に在学する生徒)。

応募方法は、募集要項をよく読んだうえで、ウェブ経由もしくは郵送(手書き)で作品を送付。いずれの場合も応募フォームからの応募申込が必要となりますが、フォームは7月初旬にオープンする予定。

審査委員は、慶應義塾大学法学部・小川原正道教授、慶應義塾大学大学院文学研究科・荻野安奈教授、慶應義塾大学商学部・権丈善一教授、慶應義塾大学経済学部・須田伸一教授、早川書房代表取締役社長・早川浩氏。

審査結果発表は、「三田評論」12月号誌上およびサイトにて発表されるほか、応募者全員に書面でも通知されるそうです。

  • 小泉信三賞…1名(賞状、副賞15万円、記念品)
  • 同次席…1名(賞状、副賞8万円、記念品)
  • 同佳作…3名(賞状、副賞3万円、記念品)

入賞作品は「三田評論」1月号に掲載され、授賞式は2018年1月10日(水)に予定しています。

詳しくは、「第42回小泉信三賞全国高校生小論文コンテスト」公式サイトで確認を。

【第42回小泉信三賞全国高校生小論文コンテスト】

  • 主催:慶應義塾大学
  • 対象:高校に在学中の生徒(高等専門学校、中等教育学校、海外の学校等は高校に相当する学年に在学する生徒)
  • 課題:1)東京、2)SNS社会と教養、3)オタク、4)民主主義とは何か、5)天は人の上に人を造らず人の下に人を造らずと云えり から1つを選択
  • 文字量:6000字〜8000字以内
  • 応募締切:ウェブ応募/2017年9月5日(火)17時まで、作品を郵送する場合は当日消印有効(海外から送付する場合は締切日必着)

最新情報をFacebookにて
いちはやくお届け!

Globaledu on Weekends

Globaleduで紹介した記事を、その週末の土曜朝にメールマガジンにまとめてお届けします。家族が集まる週末は、未来の学びについて考えるチャンス。プランニングのヒントとして活用してくださいね!

Thank you for subscribing.

Something went wrong.

  • LINE で情報発信はじめました♪ 
Globaledu編集部 動きながら考える。Be a doer!
みんなとシェアしたいイベントやアイデア、グローバルエデュへのご意見など、お気軽にお寄せください。
Send
Send