Home >> 大学 >> 【広島大学】英検準1級相当以上は、2019年度入試よりセンター試験「英語」を満点に換算

【広島大学】英検準1級相当以上は、2019年度入試よりセンター試験「英語」を満点に換算

2017.03.13


一般入試で英語4技能テストを活用

「広島大学」(広島市)は、2019年度入試より英語4技能テストを活用し、基準を満たしている場合には、センター試験の外国語(英語)の得点を満点とみなすことを発表しました。

【関連記事】広島大は2017年度にIBとAOに英語4技能テスト導入

広島大学は2014年に「スーパーグローバル大学」トップ型に採択されており、グローバル人材の育成に力を入れています。

広島大学は2014年に「スーパーグローバル大学」トップ型に採択されており、グローバル人材の育成に力を入れています。

対象となる試験は、センター試験を利用する「一般入試」前期日程・後期日程、「AO入試総合評価方式Ⅱ型」および「推薦入試」。

満点とみなす条件は、以下の1と2のいずれも満たした場合。

  1. センター試験の外国語のうち、英語(「筆記」および「リスニング」)を受験していること
  2. 各入試の出願期間最終日までに、当該スコア・等級を証明する書類の原本を提出すること

活用する英語4技能テストは下記の8つで、ヨーロッパ言語共通参照枠「CEFR」の6段階(A1~C2)で示す「B2」以上のスコア・等級。

  1. Cambridge English…FCE(160~179点)以上
  2. 英検…準1級以上
  3. GTEC CBT…1250点以上
  4. IELTS(Academic Module)…5.5以上
  5. TEAP…334点以上
  6. TOEFL iBT…72点以上
  7. TOEFL Junior Comprehensive…341点以上
  8. TOEIC L&RおよびTOEIC S&W…1095点以上(L&R 785以上およびS&W310以上)

2019年度入試の場合、2017年4月以降(2年10ヵ月前から)に受験したものが有効となるそうです。

くわしくは、「広島大学」公式サイトで確認を。

【広島大学入試「英語4技能テスト」活用】

  • 導入時期:2019年度入試より
  • 導入する試験:一般入試前期日程・後期日程、AO入試総合評価方式Ⅱ型、推薦入試
  • 活用するテスト:Cambridge English/FCE(160~179点)以上、英検/準1級以上、GTEC CBT/1250点以上、IELTS(Academic Module)/5.5以上、TEAP/334点以上、TOEFL iBT/72点以上、TOEFL Junior Comprehensive/341点以上、TOEIC L&RおよびTOEIC S&W/1095点以上(L&R 785以上およびS&W310以上)

最新情報をFacebookにて
いちはやくお届け!

  • LINE で情報発信はじめました♪