Home >> 大学 >> 【早稲田大学国際教養学部】英検とTOEFLを評価…2018年度「英語4技能試験」活用入試導入

【早稲田大学国際教養学部】英検とTOEFLを評価…2018年度「英語4技能試験」活用入試導入

2016.05.24

英検とTOEFLを評価する新試験

「早稲田大学」国際教養学部は、2018年度一般入試(2018年2月に実施)より、「英語4技能試験」を活用した試験を実施します。

早稲田国際教養入試

これまで独自に実施していた「英語リスニング試験」を2017年度入試を最後に廃止し、英検とTOEFL iBTの試験結果を合否の判定要素として導入(未提出による出願も可能)。

また、これまで国語50点、地歴または数学50点、外国語(英語)100点という配点を、2018年度からは国語50点、地歴または数学50点、外国語(英語)85点、英語4技能試験(素点換算)15点とします。

素点換算は下記のとおり。

  • 15点…英検/1級、TOEFL iBT/95点以上
  • 10点…英検/準1級、TOEFL iBT/72〜94点
  • 5点…英検/2級、TOEFL iBT/42〜71点
  • 0点…英検/準2級以下、TOEFL iBT/41点以下、未提出

選考方法は下記のとおり。

  1. 国際教養学部が出題する試験(国語、地歴または数学、外国語(英語))の受験
  2. 英語4技能試験(英検もしくはTOEFL iBT)の試験結果の評価(素点換算)※出願開始年月より2年間遡った月の翌月初日以降に受験した試験結果を有効とする
  3. 上記1の得点に2を加算して、合否判定を行う(選択科目(地歴または数学)については、難易度による差が生じないように得点調整を行う場合がある)

詳細は、「早稲田大学入学センター」公式サイトにて、2017年11月上旬公開予定の「2018年度入学試験要項」で確認を。

【「早稲田大学」国際教養学部一般入試制度変更】

  • 導入年度:2018年度入試(2018年4月入学者向け入試)
  • 募集人数:150名(予定)
  • 試験日程:2018年2月13日(火)予定
  • 合格発表:2月21日(水)予定

最新情報をFacebookにて
いちはやくお届け!