Home >> 国際バカロレア >> 【明治大学政治経済学部】国内外から15名を募集…17年度「グローバル型特別入学試験」導入

【明治大学政治経済学部】国内外から15名を募集…17年度「グローバル型特別入学試験」導入

2015.11.04

留学に即応できる学生を募集

「明治大学」政治経済学部は、2017年度入試より「グローバル型特別入学試験」(2016年10月実施)を導入することを発表しました。

これまで政治経済学部で「帰国生特別入学試験」として実施していたものを、広く国内外の受験生を対象とした「グローバル型特別入学試験」に改変して実施。

明治政経

現在、政治経済学部では「ダブルディグリー・プログラム」(明治大学と海外大学の両方の学士を取得)や、「デュアルディグリー・プログラム」(明治大学と海外大学院で学士号と修士号を取得)などの魅力的な留学プログラムを実施。

日本国内の受験生まで対象を拡大することで、これらの留学プログラムに適応できる知性と語学力を持った学生を獲得していきたいとしています

なお、「ダブルディグリー・プログラム」は、政治経済学部と米国・ノースイースタン大学と連携、「デュアルディグリー・プログラム」では米国・テンプル大学と連携して実施。

いずれも、GPA(成績評価値)は3.0以上であること、語学力はダブルディグリーで最低でもTOEFL iBT/79以上、もしくはIELTS/6.5以上(経済学コース)が求められるなど、たしかに語学のハードルは高くなっています。

出願資格や選考方法について

出願資格は、以下の1と2の要件を満たしていること。

  1. 国内外を問わず通常の学校教育課程12年以上を15年4月1日から17年3月31日までに卒業(修了)または卒業(修了)見込みの人。もしくは、国際バカロレア(IB)のDiploma を15年4月1日から17年3月31日までに取得または取得見込みで、17年3月31日までに18歳に達する人
  2. つぎのいずれかの外国語検定試験の基準を満たす人(提出期限から遡って2年以内に受験し、かつ出願期間までに提出できるもの)…IELTS(Academic Module)/5.5 以上、TOEFL iBT/68点以上、TOEFL PBT/520 点以上、TOEFL Junior Comprehensive/334点以上、TOEIC(L&R)/680点以上、TOEIC(4技能)/950 点以上、TEAP(4技能)/285点以上、GTEC CBT/1150点以上、GTEC for STUDENTS(L・R・W)/770 点以上、ケンブリッジ英語検定/153 点以上、 国連英検/B級以上、実用英語技能検定(英検)/準1 級以上、Goethe-Institut 統一試験/Goethe-Zertifikat B1以上(ドイツ語)、DELF・DALF 試験/DELF B1 以上(フランス語)、HSK/筆記試験3級以上および口頭試験中級以上(中国語)

選考方法は、資料をもとに解答・記述する「総合」(日本語)試験と「面接」(日本語)、語学試験のスコアなどを総合的に勘案し合格者を選考するそうです。

【グローバル型特別入学試験】

  • 明治大学「駿河台キャンパス」(東京都千代田区神田駿河台1-1)
  • 導入:2017年度入試(2016年10月実施)より
  • 対象学部・学科:政治経済学部/政治学科、経済学科、地域行政学科
  • 募集人数:各学科計15名

最新情報をFacebookにて
いちはやくお届け!

<