Home >> キッズ >> 小学校 >> 【東京農業大学稲花小学校】2019年に世田谷に開校…「冒険心を育成」するカリキュラムに注目

【東京農業大学稲花小学校】2019年に世田谷に開校…「冒険心を育成」するカリキュラムに注目

2017.04.11


農大が新設する小学校

「東京農業大学」(東京・世田谷区)は、「東京農業大学稲花(とうか)小学校」を2019年4月に開校する予定です。

男女共学で、学年定員は72名(1学年2クラス)。

「学校法人東京農業大学」には、高校3校、中学校2校の付属校がありますが、この小学校を設置することで小・中・高・大学の備わる学園体制を構築し、ブランド力を強化していくとしています。

校名の「稲花(とうか)」は、東京農大の花である「稲の花」をモチーフとしており、やがて人類の生命を支える食料に成長していくことになぞらえ、子どもたちもさまざまなかかわりを通して大きく成長し、自らの夢や希望に向かって結実してほしいという願いが込められているそう。

校名の「稲花(とうか)」は、東京農大の花である「稲の花」をモチーフとしており、やがて人類の生命を支える食料に成長していくことになぞらえ、子どもたちもさまざまなかかわりを通して大きく成長し、自らの夢や希望に向かって結実してほしいという願いが込められているそう。

校舎は、東京農大の世田谷キャンパスに隣接する「東京農業大学第一高等学校」中等部北側に建設中で、地下1階地上4階建て、延べ床面積は7374平米(敷地面積は8907平米)。

小田急線「経堂駅」、または東急世田谷線「上町駅」から徒歩約15分というロケーションになります。

世田谷区には現在7つの私立小学校がありますが、23区内での私立小の設置はじつに59年ぶりとなるそうです。

教育理念は「冒険心の育成」

教育理念には「冒険心の育成」を掲げており、3つの心(感性・探究心・向上心)と2つの力(コミュニケーション力・体力)を育むことを目標にしています。

東京農業大学稲花小学校2
また、東京農大の備えた施設や人材といったリソースを最大限活用することで、食育や生物とのふれあいなど独自カリキュラムを考えているそうです。

さらに、週5日の給食の提供や放課後のアフタースクールなどのサービスも検討しており、共働きファミリーでも通いやすい学校を目指しているそうです。

東京農業大学稲花小学校

【東京農業大学稲花小学校】

  • 開校:2019年4月予定
  • 住所:東京都世田谷区桜3-33-1
  • 学年定員:72名
  • 敷地面積:8907平米(地下1階地上4階建て校舎)

最新情報をFacebookにて
いちはやくお届け!

Globaledu on Weekends

Globaleduで紹介した記事を、その週末の土曜朝にメールマガジンにまとめてお届けします。家族が集まる週末は、未来の学びについて考えるチャンス。プランニングのヒントとして活用してくださいね!

Thank you for subscribing.

Something went wrong.

  • LINE で情報発信はじめました♪ 
Globaledu編集部 動きながら考える。Be a doer!
みんなとシェアしたいイベントやアイデア、グローバルエデュへのご意見など、お気軽にお寄せください。
Send
Send