Home >> 大学 >> 【東京女子大】2018年に現代教養学部を5学科12専攻に再編、実践的なリベラルアーツを展開

【東京女子大】2018年に現代教養学部を5学科12専攻に再編、実践的なリベラルアーツを展開

2017.05.23


さらなる実践的な学び重視へ

「東京女子大学」(東京・杉並区)は、創立100周年を迎える2018年度に現代教養学部を5学科12専攻に再編し、リベラルアーツ教育をさらに充実させることで、国際性や女性の視点、実践的な学びを重視した新しい教育を全学的に展開していくそうです。

東京女子大

東京女子大学は「現代教養学部」のみの単学部大学で、そのなかに人文・国際社会・人間科学・数理科学の4学科と12もの専攻があります。

2018年に行われる再編では、「国際英語学科」と「心理・コミュニケーション学科」(人間科学を廃止)を新設し、5学科へ。

国際英語学科に「国際英語専攻」、心理・コミュニケーション学科に「心理学専攻」「コミュニケーション専攻」、既存の国際社会学科に「コミュニティ構想専攻」を設置します。

なお、現在の現代教養学部の定員は890名ですが、今回の再編後も定員は変わらず890名となります。

新設学科の定員や特徴

国際英語学科の入学定員は155名。国際共通語としての英語を学び、2年次後期の半年間、英語圏の大学への留学プログラムが必修となっているのが特徴。

英語教育や通訳者の育成などを目的とした、下記の3つのコースを用意しています。

  • イングリッシュ・スタディーズ・コース…国際社会の中での英語文学・文化を理解し、言語としての英語を国際的視野から考察する
  • 英語教育コース…国際的視点を生かし、実践的な学びを通して次世代の子どもの英語力を高める
  • 英語キャリアコース…通訳・翻訳など、英語力を生かしてキャリアを形成していく

心理・コミュニケーション学科の入学定員は、心理学専攻が80名、コミュニケーション専攻が115名、計195名。

人間の心理と行動、コミュニケーションを実証的・科学的に探究することを通して人間のあり方を深く考え、データにもとづく客観的・科学的な手法を身につけ、他者と協働して問題解決を行いながら社会に貢献していく女性を育てて行くそうです。

国際社会学科のコミュニティ構想専攻の入学定員は50名。

観光を通した地域貢献・国際交流や、まちづくりの体験、女性の国際貢献などについて学ぶことができ、実習科目も、調査だけではなく、自治体や企業でのインターンシップなどを行う拠点実習を設けるそうです。

英語4技能活用入試がスタート

2018年度入試では、3教科入試から英語が免除される「一般入学試験(英語外部検定試験利用型)」が全学科全専攻に導入され、一般入学試験(3教科型)と同日(2月3日、4日)に実施。

英語外部検定試験利用型では、下記の英語外部検定試験で一定の成績を修めていれば、「外国語(英語)」科目を除く2科目(数理科学科は「数学ア」「数学イまたは理科」、それ以外の学科は「国語」「地理歴史または数学」)で受験可能になります。

これにより、同一試験日の専攻の併願が最大5専攻まで可能となり、2専攻以降は受験料が3万5000円から1万円に減額される併願割引制度も導入。受験機会が大幅に拡大することになりますね。

必要となる英語資格は下記の通り。

  • 国際英語学科…英検(CSE2.0)/2級または準1級、1級の1980、英検CBT/2級の1980、TEAP(4技能)/226、TEAP CBT(4技能)/420
  • 人文学科、国際社会学科、心理・コミュニケーション学科、数理科学科…英検(CSE2.0)/2級または準1級、1級のReadingとListeningの合計が990、英検CBT/2級のReading,Listeningの合計が990、TEAP(2技能)/110、TEAP CBT(2技能)/210

英語外部検定試験利用型における各学科の定員は10〜1名となっており、2016年4月以降に受検した英語資格・スコアの証明書が有効となります。

なお、国際英語学科では、合否判定において英語外部検定試験のスコアに応じて最大20点まで加点があります。

詳しくは、「東京女子大学」公式サイトで確認してください。

【東京女子大学再編2018年】

  • 時期:2018年4月
  • 新設専攻:国際英語学科「国際英語専攻」、心理・コミュニケーション学科「心理学専攻」、「コミュニケーション専攻」、国際社会学科「コミュニティ構想専攻」(4学科12専攻→5学科12専攻へ)
  • 定員:国際英語専攻/110名、心理学専攻/80名、コミュニケーション専攻/115名、コミュニティ構想専攻/50名
  • 入試日:2018年2月3日(土)、2月4日(日)

最新情報をFacebookにて
いちはやくお届け!

  • LINE で情報発信はじめました♪