Home >> 中学・高校 >> 【法政大学国際高校】2ヵ国語で提供…共学化する2018年度より「国際バカロレア」コース開始

【法政大学国際高校】2ヵ国語で提供…共学化する2018年度より「国際バカロレア」コース開始

2017.02.17


IBが学べる法政付属高が誕生

「法政大学女子高等学校」(横浜市)は、神奈川県の一条校として初の「国際バカロレア」DP校として認定されたことを、2017年2月17日(金)に発表しました。

法政国際バカロレア

同校は、2015年度「スーパーグローバルハイスクール」(SGH)に指定されており、2018年度には「主体的に学び、考え、行動し、多様な他者とつながる21世紀のグローバルシチズン(地球市民)を育てる付属校」として、「法政大学国際高等学校」と校名を変更し、男女共学となる予定。

IBコースの定員は20名程度となる予定で、共学化される2018年4月入学生からコース生を募集。IBのカリキュラムは、英語と日本語DPの2ヵ国語で実施されます。

【法政大学女子高等学校「国際バカロレア」コース】

  • 住所:神奈川県横浜市鶴見区岸谷 1-13-1
  • 認定時期:2017年2月
  • コース開始時期:2018年4月入学生より(法政大学国際高等学校にリニューアルと同時)
  • コース定員:約20名(生徒数800名)

最新情報をFacebookにて
いちはやくお届け!

<