Home >> 大学 >> 【大学入試2016】近畿大学が16年度に新設する「国際学部」推薦入試で外部英語試験を活用

【大学入試2016】近畿大学が16年度に新設する「国際学部」推薦入試で外部英語試験を活用

2015.06.17


80〜100点の3段階でスコア換算

「近畿大学」(大阪府東大阪市)は、2016年4月に開設予定の「国際学部」の推薦入試において、英語外部検定試験を活用する「外部試験利用制度」を導入します。

近畿国際学部2

国際学部には国際学科を設置し、グローバル専攻もしくは東アジア専攻(中国語コース、韓国語コース)を専攻できます。

【関連記事】近畿大学が16年度に1年間の留学必須の「国際学部」開設

1学年の学部定員は500名ですが、推薦入試ではグローバル専攻で161名(定員450名)、東アジア専攻15名(定員50名)を募集。

試験科目は、英語(100点)+国語(100点)=2科目200点満点。

ただし、TOEFL iBT、TOEIC、IELTS、GTEC for STUDENTS、GTEC(CBT)、TEAP、英検を受検し、一定以上のスコアを提出すると、80点、90点、100点の3段階の「みなし得点」で換算され、英語科目の合否判定を受けることが可能。

TOEICとTEAPは4技能での点数が必要。

TOEICとTEAPは4技能での点数が必要。英語4技能の能力が高い学生が有利になる制度になっているそうです。

  • 100点…TOEFL iBT/60、TOEIC/750、IELTS/6.0、GTEC for STUDENTS/650、GTEC(CBT)/950、TEAP/276、英検/準1級
  • 90点…TOEFL iBT/50、TOEIC650/、IELTS/5.5、GTEC for STUDENTS/580、GTEC(CBT)/850、TEAP/248、英検/2級A
  • 80点…TOEFL iBT/45、TOEIC/600、IELTS/5.0、GTEC for STUDENTS/530、GTEC(CBT)/770、TEAP/226、英検/2級

基準スコア・資格を満たしていれば「英語」を受験する必要はありませんが、受験した場合は得点の高いほうを採用するそうです。

入試に関する詳細は、9月に「平成28年度入学試験要項」で公表予定。

詳細は、「近畿大学」公式サイトで確認を。

【外部試験利用制度】

  • 近畿大学東大阪キャンパス(東大阪市小若江3-4-1)
  • 実施学部:国際学部国際学科グローバル専攻、東アジア専攻
  • 対象:公募制推薦入試
  • 募集人数:グローバル専攻161人、東アジア専攻15人(推薦入試)
  • 試験日:2015年11月21日(土)、22日(日)※試験日自由選択

最新情報をFacebookにて
いちはやくお届け!

  • LINE で情報発信はじめました♪