Home >> 大学 >> 【大学入試2016】関西学院大学「センター利用入試」で外部英語検定試験を出願資格として活用

【大学入試2016】関西学院大学「センター利用入試」で外部英語検定試験を出願資格として活用

2015.05.11


基準を満たせば英語試験は免除

「関西学院大学」(兵庫県西宮市)は、2016年度入試より「センター利用入試」を対象に、全11学部で出願資格として英語外部検定試験を活用します。

西宮上ヶ宮キャンパス。

西宮上ヶ宮キャンパス。

「センター利用試験」とは、大学入試センター試験を利用する入学試験のことで、1月出願と3月出願があり、文系学部は3科目型と5科目型、理工学部は7、5、4科目型から選べます。

各試験において、「CEFR(セファール)」(Common European Framework of Reference for Languages、ヨーロッパ言語共通参照枠)B2レベル以上を出願資格とし、各学部が指定するセンター試験の英語以外の科目の得点をもって合否判定をおこいます。

【出願資格】

GTEC CBT/1250以上、英検/準1級以上、TOEFL iBT/72以上、IELTS/5.5以上、TEAP/334以上、ケンブリッジ英検/FCE以上、TOEIC&TOEIC®SW/1095以上

ちなみに、15年度の各学部入学定員に対して、「センター利用入試」の募集人数は下記のとおり(推薦入試、AO入試は除く)。

  • 神学部(入学定員30名)…1月出願/2名、3月出願/2名
  • 文学部(770名)…1月出願/72名、3月出願/26名
  • 社会学部(650名)…1月出願/85名、3月出願/15名
  • 法学部(680名)…1月出願/60名、3月出願/15名
  • 経済学部(680名)…1月出願/50名、3月出願/22名
  • 商学部(650名)…1月出願/40名、3月出願/20名
  • 人間福祉学部(300名)…1月出願/45名、3月出願/10名
  • 国際学部(300名)…1月出願/20名、3月出願/10名
  • 教育学部(350名)…1月出願/40名、3月出願/10名
  • 総合政策学部(580名)…1月出願/50名、3月出願/10名
  • 理工学部(700名)…1月出願/61名、3月出願/36名

最新のデータは、16年度募集要項にて確認してくださいね。

SGH対象の推薦制度も開始

関学では、2016年度より「スーパーグローバルハイスクール」(SGH)と「スーパーサイエンスハイスクール」(SSH)を対象とした公募推薦入学試験も開始します。

【関連記事】2015年度選出「スーパーグローバルハイスクール」

「知識・技能」、「思考力、判断力、表現力」「主体性、多様性、協働性」の三要素をふまえた、多面的・総合的評価による入学試験などの導入を行い、高大接続、入試改革のための積極的な取り組みを行っていく予定です。

最新情報は、「関西学院大学」公式サイトにて確認してくださいね。

【外部英語検定試験を出願資格で活用】

  • 関西学院大学
  • 実施時期:2016年度入試より
  • 対象試験:センター利用入試
  • 対象学部:全11学部
  • 対象英語検定試験:GTEC CBT、TOEFL IBT、IELTS、TOEIC/TOEIC SW、ケンブリッジ英検、英検、TEAP
  • 求められるレベル:「CEFR」B2以上

最新情報をFacebookにて
いちはやくお届け!

  • LINE で情報発信はじめました♪