Home >> 中学・高校 >> 高校 >> 【7/8〆切】哲学にどっぷり親しむ「高校生のための哲学サマーキャンプ2016」参加30名募集

【7/8〆切】哲学にどっぷり親しむ「高校生のための哲学サマーキャンプ2016」参加30名募集

2016.06.11


哲学で成長する夏休み

今年も、哲学にどっぷり親しめる「高校生のための哲学サマーキャンプ2016」が、2016年7月29日(金)〜30日(土)にかけて開催されます。

哲学サマースクール

私ってなんで生きているんだろう? なんでみんなわかり合えないの?  信じるってどういうこと? 愛ってなに?

このサマーキャンプは、そんな高校生が集まっていっしょに考え、語り合う2日間のプログラム。7月8日(金)まで参加者30名を募集しています。

このような問いをずっと探求している哲学の先生や大学院生が、ライティングやディスカッションを通して「考える方法」と「語る方法」を教えてくれます。

1日目

  • 哲学対話…古今東西の哲学者や文学者の文章を読み、みんなで問いを出し合い、いろんな角度からディスカッション。そのさい「哲学対話」という特別な方法を使い、そこから自由に疑問や思考を広げていく
  • 哲学エッセイの作成…哲学者の文章から考えたこと、哲学対話で話しあったことをもとにして、「哲学エッセイ」の書き方、そのために必要な「思考の組み立て方」について学ぶ

2日目

  • グループワーク…1日目に各自で作った哲学エッセイの内容や構成について、グループでお互いのものを比較・検討しながら、それぞれの議論の長所や短所を明確にし、よりよいものに組み立て直す
  • プレゼンテーション…グループワークの後に、それぞれで作り直したエッセイの構成を発表し合う

どのセッションも、東京大学の教員と大学院生がサポートしてくれるそうなので心強いですね。

同年代の高校生たちと哲学的な問題について語り合い、先人の叡智と格闘しながら文章を書き、哲学を専門とする大学院生たちと本気で議論する…なんだか熱い夏になりそうですね!

参加を希望する人は、レポート用紙に氏名や学校名、メールアドレスなどのほか、倫理や哲学に興味を持ったきっかけや今の関心事、哲学サマーキャンプに参加する意気込みなど書き添え、メール、郵送などで応募。

くわしくは、「東京大学 共生のための国際哲学研究センター」公式サイトで確認を。

【高校生のための哲学サマーキャンプ2016】

  • 主催:日本倫理哲学グランプリ事務局(公益財団法人上廣倫理財団内)
  • 協力:東京大学「共生のための国際哲学研究センター」(UTCP)
  • 日時:2016年7月29日(金)〜30日(土)
  • 会場:「国立オリンピック記念青少年総合センター」、「東京大学駒場キャンパス」
  • 対象:高校生
  • 定員:30名(応募者多数の場合は書類選考)
  • 参加費:3000円(宿泊費・食費代)
  • 応募締切:7月8日(金)必着

最新情報をFacebookにて
いちはやくお届け!

Globaledu on Weekends

Globaleduで紹介した記事を、その週末の土曜朝にメールマガジンにまとめてお届けします。家族が集まる週末は、未来の学びについて考えるチャンス。プランニングのヒントとして活用してくださいね!

Thank you for subscribing.

Something went wrong.

  • LINE で情報発信はじめました♪ 
Globaledu編集部 動きながら考える。Be a doer!
みんなとシェアしたいイベントやアイデア、グローバルエデュへのご意見など、お気軽にお寄せください。
Send
Send