Home >> 中学・高校 >> 【日米トップ大学併願プログラム】中3〜高2を対象に「Z会×IGS」で難関大数学とTOEFL対策

【日米トップ大学併願プログラム】中3〜高2を対象に「Z会×IGS」で難関大数学とTOEFL対策

2014.03.14

中学3年生から海外大学を狙う

「Z会」(静岡県駿東郡)とグローバルリーダー育成スクール「IGS」(東京・渋谷区)は、日本と海外のトップ大学併願を考える生徒のために、新中3〜高2生を対象とした「日米トップ大学併願プログラム」を2014年4月よりスタートします。

日米トップ大学併願プログラム

このプログラムは、「Z会東大マスターコース」と、IGSが提供する「TOEFL/Foundation/Extension」のいずれか英語試験対策コースを組み合わせたもの。

国内トップ大学受験の要となる数学を早期に仕上げつつ、海外大学進学に必要なTOEFL、SAT試験対策も行います。

プログラムは、Z会の教室(御茶ノ水、渋谷、新宿、池袋、横浜教室のいずれか)で週1(120分)、IGS(渋谷)で週4コマ行われる授業を受講。

高2コースでは、さらにエッセイに役立つ思考力を養う「リーダーの持つべき価値基準講座」を週1で受講します。

学年ごとのセット講座をすべて受講すると、Z会の入学金(2万5700円)が全額免除、IGSの入学金が半額(2万7000円)に。さらに、「未来のグローバルリーダー準備講座」が無料受講となる特典があります。

【日米トップ大学併願プログラム】

  • 主催:Z会、IGS
  • 開始:2014年4月
  • 対象:中学3年生〜高校2年生
  • 受講料:Z会東大マスターコース/月額9200〜1万7500円、IGS/月額5万4000円(いずれも別途入学金が必要)

最新情報をFacebookにて
いちはやくお届け!