Home >> 大学 >> 【明大・国際日本学部】20名を対象に「ハワイ大学留学+現地旅行企業研修」プログラムを開始

【明大・国際日本学部】20名を対象に「ハワイ大学留学+現地旅行企業研修」プログラムを開始

2014.12.09

単位も取得でき4年間で卒業可能

「明治大学」国際日本学部(東京・中野区)は、2015年度よりハワイで実施する8ヵ月間の「留学+インターンシッププログラム」をスタートします。

「明治大学」国際日本学部は、留学生が15パーセントを占めており、英語教育と異文化理解教育に基づいた実践的な国際コミュニケーション力も養成するなど、同大学ではもっとも国際的な学部といえます。

「明治大学」国際日本学部は、留学生が15パーセントを占めており、英語教育と異文化理解教育に基づいた実践的な国際コミュニケhttp://globaledu.jp/wp-admin/post.php?post=8355&action=edit&message=10ーション力も養成するなど、同大学ではもっとも国際的な学部といえます。

このプログラムでは、8月の約3週間「ハワイ大学」マノア校で語学集中講義などを受講後、8月末から12月中旬(秋学期)にかけて、同大学でホスピタリティー関連科目を中心とした講義を受講。

秋学期終了後、12月中旬から3月下旬にかけては、「JTBハワイ」や「日本航空ホノルル支店」、「ヒルトンハワイアンヴィレッジワイキキリゾート」、「アウトリガーリゾーツ」など現地の旅行関連企業でインターンシップを行います。

【関連記事】明大政治経済学部が15年度より「Erasmus+」を活用した留学開始

費用は約2万ドル、奨学金制度もあり

初年度は、20名を派遣予定(学年問わず)で、出願要件はTOEFL iBT 68点以上。

参加するには、学内選考で合格したうえ、インターンシップ先からの受け入れ許可が必要。

プログラムにかかる費用は約1万9000ドルで、生活費や渡航費は別途個人負担。

また、明治大学における年間学費も支払う必要がありますが、多くの学生が奨学金制度によりプログラム費用の半額程度の助成を受けているそう。

現地では12〜15単位が取得できる見込みで、4年間で大学を卒業することも可能となる見込み。

国際日本学部では、ハワイ以外にも、フロリダ州立大学と連携した「ウォルト・ディズニーワールド」(WDW)インターンシップ留学(40名程度、6ヵ月間、参加費4600ドル)など、15年度には8つの留学プログラムを実施する予定です。

【関連記事】「横浜市立大学」も14年度よりWDW研修プログラムスタート

【明治大学 15年度ハワイ留学+インターンシッププログラム】

  • 対象:「明治大学」国際日本学部の学生約20名
  • 期間:2015年8月〜16年3月
  • 留学派遣先:「ハワイ大学」マノア校、JTBハワイ、日本航空ホノルル支店、ヒルトンハワイアンヴィレッジワイキキリゾート、アウトリガーリゾーツ
  • 費用:1万9000ドル(授業料とプログラム費用、生活費と渡航費は別途)
  • 取得単位:12〜15単位で検討中

最新情報をFacebookにて
いちはやくお届け!