Home >> 国際バカロレア >> 国際バカロレア入試 >> 【東京医科歯科大学】2018年度より「国際バカロレア入試」導入、推薦入試と合わせ42名募集

【東京医科歯科大学】2018年度より「国際バカロレア入試」導入、推薦入試と合わせ42名募集

2016.05.10

定員の2割を特別選抜Iで募集

国立大学「東京医科歯科大学」は、2018年度より全2学部において「国際バカロレア入試」(特別選抜I)を導入します。

同時に、特別選抜Iとして「推薦入試」、さらに特別選抜Ⅱ「帰国生入試」も導入する予定で、特別選抜Iでは合計42名を募集(特別選抜Ⅱは若干名募集)。

入学定員は全235名なので、2割程度がこのAO入試(特別選抜I)で選考されることになります。

東京医科歯科大学は、「スーパーグローバル大学」トップ型に採択され、国際的に活躍する人材の育成に取り組む。

東京医科歯科大学は、「スーパーグローバル大学」トップ型に採択され、国際的に活躍する人材の育成に取り組む。

募集する学科は、医学部・医学科、歯学部・歯学科、口腔保健学科/口腔保健衛生学専攻、口腔保健工学専攻(保健衛生学科看護学専攻、保健衛生学科検査技術学専攻は推薦入試をもとに募集)。

「国際バカロレア入試」の出願資格は、IBフルディプロマを授与され、各学科・専攻が指定する科目を履修し、必要な成績評価を修めた人。

選抜方法は、出願書類、小論文、面接などの審査結果によって総合的に評価し、合格者を決定する予定です。

詳細については、今後「東京医科歯科大学」公式サイトで公表される要項などで確認を。

【東京医科歯科大学・特別選抜I(推薦入試・国際バカロレア入試)】

  • 導入時期:2018年度入試より
  • 募集学科:医学部・医学科、歯学部・歯学科、口腔保健学科/口腔保健衛生学専攻、口腔保健工学専攻、(保健衛生学科看護学専攻、保健衛生学科検査技術学専攻は推薦入試をもとに募集)
  • 募集人数:42名程度(内訳は学科・専攻ごとに設定)
  • 出願時期 :入学前年の11月1日以降

最新情報をFacebookにて
いちはやくお届け!