Home >> キーワード

キーワード

【1000人に調査】英語力が高い人が転職すると年収が1.3倍以上アップするケースが6割以上に

英語と転職

英語力が高い人の約6割が「TOEICテストなどの語学系資格」が転職成功のカギと回答しており、彼らの87.6%が希望する会社へ転職できたそう。

Read More »

【2014年EF英語能力指数】過去7年間英語力はほとんど伸びていない!? 日本は63ヵ国中27位

EF英語能力

日本はアジアでは13ヵ国中5位となり、もっとも英語能力が高かったのはマレーシア(世界12位)。続いてシンガポール13位、韓国24位、インド25 位。

Read More »

【ユースホステル】宿泊客の8割が外国人…穴場の国際交流スポット「東京上野ユースホステル」

東京上野ユースホステル

ユースホステルは割安な滞在料金に加え、ゲスト同士の交流を促す共用スペースが充実しているのも魅力。都内には上野のほか、浅草と飯田橋にもあります。

Read More »

【TOEIC】13年度受験者数は236万1000名で「英検」を上回る国内最大規模の英語検定試験に

「公開テスト」は、個人が協会へ直接申し込みをして受験するテスト。「IPテスト」は、企業や大学などの団体単位で随時実施されるテスト。

「英検」受検者数は235万5718名ですが、TOEICはそれを上回る規模。また、大学など入試や単位認定にTOEICを活用する学校も過去最高に。

Read More »

シュタイナー教育【Waldorf Education】

Rudolf Steiner

「たくましさ」は、これからの時代をサバイブするために必須の要素。そのたくましさを育むためにもシュタイナー教育は十分検討する価値があります。

Read More »

ムーク【MOOC(Massive Open Online Courses)】

edx

誰でも無料で最高レベルの大学の講義を受講可能なオンライン教育で、すでに1000万人以上が参加。世界中で注目されている教育の新しいシステム。

Read More »

【3大世界大学ランキング】タイムス紙の教育専門誌が評価する「THE世界大学ランキング」

the ranking

評価項目は、Teaching(教育)、Research(研究) 、Citations(論文引用)、Industry income(産学連携)、International mix(国際)の5つ。

Read More »

【4学期制】国際標準に合わせることで競争力を高める…早稲田に続き、慶応と東大で導入決定

早稲田のクォーター制のスケジュールイメージ。

4学期制のメリットは、留学しやすい環境を整えると同時に海外からの外国人学生も受け入れやすくなり、大学の国際競争力を高めることができます。

Read More »

サット/エスエーティー【SAT(Scholastic Assessment Test)】

sat

「Critical Reading」「Writing」「Math 」の3セクションがありそれぞれ200点から800点で配点され合計2400点満点。

Read More »

トーフル【TOEFL(Test of English as a Foreign Language)】

toeful

現在ペーパーテストは廃止され、インターネット版テスト「TOEFL iBT」のみを実施。スコアは120点満点で、点数は2年間有効。

Read More »

グローバル30【ぐろーばる・さーてぃ Global 30】

global30

2008年に制定された文部科学省の「国際化拠点整備事業」で、20年までに30万人の留学生を呼び込もうとする「留学生30万人計画」の一環。

Read More »

スーパー・サイエンス・ハイスクール(SSH)【Super Science High-school】

Super-Science-High-school

将来の国際的な科学技術関係の人材を育成することを目的とし、指定を受けた高校は5年間、助成金と「科学技術振興機構」の支援を受け活動する。

Read More »

スーパーグローバルハイスクール(SGH)【Super Global High-school】

Study

「教育再生実行会議」第3次提言で、外国語教育に熱心な高校を「スーパーグローバルハイスクール」に指定し、支援を強化する方針を打ち出した。

Read More »

国際バカロレア【こくさいばかろれあ International Baccalaureate】

MacArthur signs sister school agreement

日本政府は国内のDP認定校を現在の16校から200校にまで増加させることを提言、文部科学省も2018年までに目標達成を目指すとしている。

Read More »