Home >> キッズ (page 10)

キッズ

【Hour of Code】1時間でプログラミングの基礎を学ぶ…グローバルな教育推進活動日本上陸!

オバマ大統領やFacebook創業者マーク・ザッカーバーグ氏、マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏もこの活動に賛同しており、米国では9万校の授業で400万人の生徒児童に提供。

すべての子どもたちが世界を変えるテクノロジーを学ぶ機会を得るべきだ、という考えで実施されている「Hour of Code」に共感する人は少なくないはず。

Read More »

【ベルリッツ】フォニックスを学んで英語の土台を作るキッズ向け「Phonics Jump」スタート

教材では、イラストではなく写真を使用し、日本の四季や生活のなかで体験するものを素材としているそうですよ。

授業は2、3名で行われ、週1・年間42レッスンで授業料は月額1万3000円。正しい発音で聞き取れ、読むことができる力は大きな財産となりますね。

Read More »

【キッズベースキャンプ・インフィニティ】2016年4月よりグローバル教育プログラム提供

キッズベースキャンプでは、放課後の時間を“消費”から“投資へ”をテーマに、“社会につながる人間力”を育むことを目指しているそう。

日本語で楽しく過ごす時間も大切にしながら、英語に興味を持つしかけも用意。徐々に外国人講師と英語で過ごすイマージョンの時間を増やしていく予定。

Read More »

【留学hack04】ケアンズ「ウィットフィールド・ステートスクール」②<学校&滞在>

06

留学先は、年長からYear6まで、650名ほどが在籍するとても活気のある州立の学校。留学した時期は、日本人がいなかったのも希望どおりでした。

Read More »

【留学hack04】ケアンズ「ウィットフィールド・ステートスクール」①<計画&学校選び>

ryugakuhack

州によって学校の受け入れ対応が異なるようでしたが、温暖な気候やアクセスのしやすさ、学校への入りやすさなどを鑑み、夏休み直前にケアンズに決定。

Read More »

【みんなのエイゴ09】イマージョン幼稚園→英語環境維持で公立小4で英検2級(K.K.くん)

eigo-title

このような教育がいいのか悪いのか…ずっと悩んできました。でも、この夏息子が「いっぱいいろんな国の友達ができたよ。英語が話せてよかった」とポツリ。

Read More »

【12月18日〆切】途上国の子供を描くことを通じて世界を学ぶ「ちびっこおえかきコンテスト」

今年のDVDに登場するのはザンビアの男の子。受賞作品は実際にDVDに登場した子ども(本年はザンビア)に届けられ、グッドネーバーズが当該の子どもを含む現地の支援を行う予定。

途上国に住むひとりの子どもの生活を題材にしたDVDを観て、その子に向けて絵を描くことを通して親子の国際理解を深めることを目的に実施されます。

Read More »

【10月17〜18日】スウェーデン大使館主催「スウェーデン・キッズ・ウィーク2015」

スウェーデン2

バースデーパーティをイメージした会場では、アニメ「山賊の娘ローニャ」上映会、女優・川上麻衣子さんによる「愛のほん」読み聞かせなども予定。

Read More »

【桜美林】2021年度に「国際バカロレア」を導入した小中一貫教育校「義務教育学校」を開校

桜美林

PYP、MYPのどちらを(もしくは両方を)導入するかは未定。現状では、既設の桜美林高校にDPを導入し「IB一貫校」を目指す予定はないそうです。

Read More »

【留学hack03】達人ママが学校選びを指南…フィリピン親子留学④学校選びのコツをまとめ

Asia's First, Shining Through / Mr. Leeds

周囲の反対やママ自身の不安など、留学前は心配もあるかと思います。でも、留学するたびに成長する娘を目のあたりにし、留学して本当によかったです。

Read More »