Home >> キッズ (page 10)

キッズ

【都立小中高一貫教育校】2022年に立川で開校予定…12年間一貫グローバル人材育成校とは?

tokyo

小学校の応募資格は都内の小学校就学予定者で、通学時間は1時間程度であることなども考慮。教職員は複数校種の教員免許を有することを原則とするそう。

Read More »

【ニュージーランド航空】子どもひとりでも安心して留学できる…世界初の旅程通知サービス開始

ニュージーランド航空

子どもが装着するリストバンドにはICタグが埋め込まれており、チェックイン時や搭乗時、着陸後などにICタグが読み込まれ、登録先にメッセージを送信。

Read More »

【みんなのエイゴ10】小3に英語学習スタート、多読を中心に小4で英検2級合格(N.K.さん)

eigo-title

4年生の夏には多読のワード数が累積100万語を超え、その秋に英検2級合格。リーディングログでは日付やコメントを娘が、ワードカウントは親が記録。

Read More »

【Musio】TOEFL受験にも対応…英会話しながら成長するお友達ロボットが2016年夏以降発売

2015年6月には、クラウドファンディング「Indiegogo」で10万ドルの資金を調達し、話題となりました。

ころんとした外観は愛嬌たっぷりですが、このMusio、まるで海外生活をしているかのように英語でコミュニケーションをとることができるのだそう。

Read More »

【My Village】トライグループによる会員制英語村が東京・湾岸エリアに5年間限定でオープン

「My Gym」は、ネイティブ英語と共にフィジカルとメンタルを育む0才〜6才を対象としたフィットネスクラブ。

幼児向けフィットネスクラブ「My Gym」のほか、小学生向けスポーツクラブ、大人向けカルチャースクールも開講。英語でアクティビティを楽しみます。

Read More »

【特集】英語以前に必要となる力とは? ICUも動き始めた「探究型早期グローバル教育」の試み

探究型早期グローバル教育11

急速にグローバル化し多様化する世界では、答えを詰め込むだけの勉強はもはや通用しない。今回は小中学生に探究型の学びを実践している学校を紹介する。

Read More »

【Hour of Code】1時間でプログラミングの基礎を学ぶ…グローバルな教育推進活動日本上陸!

オバマ大統領やFacebook創業者マーク・ザッカーバーグ氏、マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏もこの活動に賛同しており、米国では9万校の授業で400万人の生徒児童に提供。

すべての子どもたちが世界を変えるテクノロジーを学ぶ機会を得るべきだ、という考えで実施されている「Hour of Code」に共感する人は少なくないはず。

Read More »

【ベルリッツ】フォニックスを学んで英語の土台を作るキッズ向け「Phonics Jump」スタート

教材では、イラストではなく写真を使用し、日本の四季や生活のなかで体験するものを素材としているそうですよ。

授業は2、3名で行われ、週1・年間42レッスンで授業料は月額1万3000円。正しい発音で聞き取れ、読むことができる力は大きな財産となりますね。

Read More »

【キッズベースキャンプ・インフィニティ】2016年4月よりグローバル教育プログラム提供

キッズベースキャンプでは、放課後の時間を“消費”から“投資へ”をテーマに、“社会につながる人間力”を育むことを目指しているそう。

日本語で楽しく過ごす時間も大切にしながら、英語に興味を持つしかけも用意。徐々に外国人講師と英語で過ごすイマージョンの時間を増やしていく予定。

Read More »

【留学hack04】ケアンズ「ウィットフィールド・ステートスクール」②<学校&滞在>

06

留学先は、年長からYear6まで、650名ほどが在籍するとても活気のある州立の学校。留学した時期は、日本人がいなかったのも希望どおりでした。

Read More »