Home >> インターナショナルスクール >> 【グローバルインディアンインターナショナルスクール】2017年8月に第2キャンパス新設し拡張

【グローバルインディアンインターナショナルスクール】2017年8月に第2キャンパス新設し拡張

2017.04.25


校舎増設で定員も500名増加する予定

「グローバル・インディアン・インターナショナルスクール東京」(GIIS、東京・江戸川区)は、2017年8月に2ヵ所目となるキャンパスを東葛西に新設する予定です。

GIISは、シンガポールで2002年に創設。現在では、マレーシア、日本、タイ、UAEなど7ヵ国に20キャンパスを展開し、1万5000名の生徒が学んでいます。

GIISは、シンガポールで2002年に創設。現在では、マレーシア、日本、タイ、UAEなど7ヵ国に20キャンパスを展開し、1万5000名の生徒が学んでいます。

GIIS東京校は、2006年に東京在住のインド人コミュニティの需要に応えるために東京・西葛西に開校。当初は生徒数50名弱でスタートしましたが、現在は幼稚園からG12(高校3年)まで、17ヵ国約600名の生徒が学んでいます。

すでに西葛西キャンパスは定員に達しているため、約3キロ離れたロケーションに第2キャンパスを設置し、G4(小学4年生)からG12までの生徒をまるごとそちらの校舎に移す予定で、現在新しい校舎を建築しています。

国際バカロレアコースも導入予定

東葛西キャンパスの定員は500名を予定しており、西葛西キャンパスと合せて東京校の定員は合計1050名となる予定。

ロケーションは、JR京葉線「葛西臨海公園駅」より徒歩約20分の場所となり、実験室やアクティビティルームなど最新技術を備えた設備を完備し、勉学に集中できる環境を整えていくそうです。

GIIS東京校では、インドの教育システム「中等教育中央委員会」(CBSE)のカリキュラムに加え、2017年からは「ケンブリッジIGCSE」、2019年からは「国際バカロレア」ディプロマプログラム(DP)受験コースを段階的に導入。

今後は、国内外の大学に進学できる資格を得ることができる見込みです。

【「グローバル・インディアン・インターナショナルスクール」東葛西キャンパス】

  • 場所:東京都江戸川区東葛西(JR京葉線「葛西臨海公園駅」より徒歩約20分)
  • 対象:G4〜G12の生徒
  • 定員:500名

最新情報をFacebookにて
いちはやくお届け!

<