Home >> イベント >> 【10月11日】勇気と希望を共有…国際ガールズ・デー・イベント「羽ばたけ!世界の女の子」

【10月11日】勇気と希望を共有…国際ガールズ・デー・イベント「羽ばたけ!世界の女の子」

2015.09.17

「女の子」ゆえの二重の差別とは?

国際NGO「プラン・ジャパン」は、国際ガールズ・デーイベント「羽ばたけ!世界の女の子」を、2015年10月11日(日)に開催します。

「国際ガールズ・デー」(10月11日)は、世界中の人々が「女の子の権利」を認識し、女の子のエンパワーメントを促すために国連で制定され、今年で4回目を迎えます。

イギリスに本部を置く国際NGOプランは、グローバルキャンペーン「Because I am a Girl」を展開。

女性であること、そして子どもであることへの二重の差別ゆえに、さまざまな困難に直面する途上国の女の子たちの問題を訴え、彼女たちが「生きていく力」を身に付け、途上国の貧困が削減されることを目指しています。

女性であること、そして子どもであることへの二重の差別ゆえに、さまざまな困難に直面する途上国の女の子たちの問題を訴え、彼女たちが「生きていく力」を身に付け、途上国の貧困が削減されることを目指しています。

勇気と希望を共有する3時間

「羽ばたけ!世界の女の子」では、2014年に世界最年少でノーベル平和賞を受賞したマララ・ユスフザイさんの素顔 に迫るドキュメンタリー「わたしはマララ」の日本初特別試写会を開催。

「わたしはマララ」(2015年、アメリカ、88分、配給20世紀フォックス映画)。12月11日(金)全国ロードショー 。

「わたしはマララ」(2015年、アメリカ、88分、配給20世紀フォックス映画)。12月11日(金)全国ロードショー 。

また、インドから女の子のための活動に取り組む18才の女の子が来日し、現状を共有します。

インドから来日するプリヤンカさん(中央)。女性の権利や社会進出が日本において重要テーマとして取り上げられる今日、世界の女の子 が置かれている現状に目を向け、今どのような支援が求められているのかを考えます。

インドから来日するプリヤンカさん(中央)。女性の権利や社会進出が日本において重要テーマとして取り上げられる今日、世界の女の子が置かれている現状に目を向け、今どのような支援が求められているのかを考えます。

参加を希望する人は、「プラン・ジャパン」公式サイトのイベント申込みフォームより申し込みを。

【国際ガールズ・デーイベント~羽ばたけ!世界の女の子】

  • 主催:公益財団法人プラン・ジャパン
  • 日程:2015年10月11日(日)14時~17時
  • 場所:「国連大学」ウ・タントホール&レセプションホール(渋谷区神宮前5-53-70)
  • 定員:300名
  • 参加:無料(要予約)

最新情報をFacebookにて
いちはやくお届け!

<