Home >> イベント >> 【H&M】革新的な5つのアイデアに100万ユーロ授与「Global Change Award 2016」10/31〆切

【H&M】革新的な5つのアイデアに100万ユーロ授与「Global Change Award 2016」10/31〆切

2016.09.02


ファッション業界を変革するアイデアを支援

ファストファッション「H&M」の非営利団体「H&M Foundation」は、ファッション業界の変革を促進する5つの先駆的なアイデアに100万ユーロの助成金を授与する、「グローバル・チェンジ・アワード Global Change Award 2016」への応募を、2016年10月31日(月)まで受けつけています。

Global Change Award

このアワードは、「環境に負荷の少ない革新的なアイデアを通じて、地球の天然資源を保護し、ファッションにおける循環を達成すること」を目標に、2015年にスタートしたプロジェクト。

毎年応募されたなかから5つのアイデアが選ばれ、受賞5チームに100万ユーロの助成金が分配されます。また、H&M Foundation、コンサルティング企業「アクセンチュア」、「スウェーデン王立工科大学」が提供する1年間のイノベーション促進プログラムの支援を受けることができます。

2015年の「第1回Global Change Award」には112ヵ国から2700を超える応募があり、以下の5つのアイデアが選ばれました。

  • 綿くずを新しくする-綿くずの新繊維への変換(フィンランド)
  • ポリエステル消化装置 – 微生物によるポリエステル繊維廃棄物のリサイクル(アメリカ)
  • 100%柑橘類–柑橘類ジュース製造時副産物から新繊維を創出(イタリア)
  • 繊維の余り物のオンライン市場 – 製造過程でのこぼれものを産業的にアップサイクリングする市場(エストニア)
  • 廃水中での繊維の成長–藻類を利用した再生繊維の開発(オランダ)

なお、100万ユーロの分配はオンライン投票で決まったそうです。

2016年は3つの分野で募集

「Global Change Award 2016」では、以下の3つの分野でアイデアを募集。

  • 循環型ビジネスモデル…製品の再利用、修理、シェア、デジタル化、寿命の延長に関するアイデア
  • 循環型素材…新たな繊維、リサクル技術、代用革などに関するアイデア
  • 循環プロセス…化学薬品、水、染色に関する新たな方法や、3D印刷、需要主導の生産などの新たな方法を探すアイデア

専門家審査員団のメンバーは下記のとおり。

Global Change Award2

  • レベッカ・アーリー…ロンドン芸術大学 「サステイナブル・テキスタイルおよびファッションデザイン」教授、同テキスタイル・フューチャーズ・リサーチ・センター(TFRC)ディレクター
  • ヨハン・L・クイレンスティアナ…ストックホルム環境研究所エグゼクティブディレクター
  • デイム・エレン・マッカーサー…エレン・マッカーサー財団創設者・代表
  • ルイス・パーキンス…クレイドル・トゥ・クレイドル・ プロダクト・イノヴェーション・インスティテュート会長
  • デヴィッド・ロバーツ…エクスポネンシャル・リーダーシップ創設者、1Qbit インフォメーション・テクノロジーズ会長
  • エリス・ルビンシュタイン…ニューヨーク科学アカデミー プレジデントおよびCEO
  • フランカ・ソッツァーニ…ヴォーグイタリア編集長
  • ヴィクラム・ウィッジ…ワールド・バンク・グループ気候変動・環境ファイナンスリーダー
  • アンバー・ヴァレッタ…スーパーモデル、女優、起業家、サステイナビリティのインフルエンサー

応募方法は、公式サイトでアカウントをつくったのちログイン。アイデアに対するいくつかの質問に答えてから、詳細を送付。

選考スケジュールは、11月〜2017年3月27日まで専門家審査員による選考、3月27日〜4月2日まで一般公開オンライン投票。

4月5日に「グランドアワードセレモニー開催」(ストックホルム)、4月6日〜2018年4月6日まで1年間のイノベーション促進プログラム実施となります。

詳細は、「Global Change Award 2016」公式サイトで確認してください。

【Global Change Award 2016】

  • 主催:H&M Foundation
  • 応募締切:2016年10月31日(月)

最新情報をFacebookにて
いちはやくお届け!

Globaledu on Weekends

Globaleduで紹介した記事を、その週末の土曜朝にメールマガジンにまとめてお届けします。家族が集まる週末は、未来の学びについて考えるチャンス。プランニングのヒントとして活用してくださいね!

Thank you for subscribing.

Something went wrong.

  • LINE で情報発信はじめました♪