Home >> 中学・高校 >> 【Z会】中高生対象全英語で授業…米国超名門ITスクール「Make School」サマースクール開催

【Z会】中高生対象全英語で授業…米国超名門ITスクール「Make School」サマースクール開催

2016.05.18

夏の3週間プログラム

「Z会」は、中高生を対象とした「Z会×Make Schoolサマーアカデミー」を、2016年7〜8月の3週間に渡り開催します。

Z会を運営する「(株)増進会出版社」(静岡県駿東郡)は、「Make School」(米国カリフォルニア州)とこの4月に業務提携。この夏より、日本市場向けの共催スクール事業をスタート。

Z会を運営する「(株)増進会出版社」(静岡県駿東郡)は、「Make School」(米国カリフォルニア州)とこの4月に業務提携。この夏より、日本市場向けの共催スクール事業をスタート。

「Make School」は、アプリ開発をはじめとするプログラミングスクールを米国で展開。

MITやUCバークレーでも採用されるカリキュラムで学んだ卒業生は、GoogleなどのIT企業での即戦力として評価されており、世界40ヵ国以上から生徒が集まっているそうです。

米国では、「Product Academy」(2年間)と「Summer Academy」 (1〜2ヵ月) が実施されていますが、今回は「Summer Academy」の短縮版(3週間)となります。

すべて英語による授業

サマーアカデミーでは、3週間でコンピュータサイエンスの理論をベースとしたプログラミングの基礎知識を習得したうえで、最終的なアウトプットとしてiPhoneアプリを完成させます。

  • Week1/7月24日(日)〜28日(木)…基礎(プログラミングの基礎とコンピュータサイエンス)Appleの新しいプログラミング言語「Swift」とプログラミングの基礎を学び、基本的なプログラムを作成。その後、データ構造(配列やディクショナリ)やループ、再帰を含むより深いプログラミングの概念を学ぶ
  • Week2/7月31日(日)〜8月4日(木)…応用(アルゴリズムとオブジェクト指向プログラミング)Week1で学んだ概念を利用して基本的なアルゴリズムを実装。また、オブジェクト指向を学び、複雑なアプリケーションを開発する方法の理解を深める
  • Week3/8月7日(日)〜11日(木)…iPhoneアプリ作成(iPhoneゲームの作成)人気のiPhoneゲームを複製しながら、学びを深める。最終的には自分のiPhoneで自分が作ったゲームを遊ぶことができるようになる

なお、このプログラムは密度の高いカリキュラムとなるうえ、講義やテキストはすべて英語で行われるため、英語でのコミュニケーション力が必要(英検2級程度)。

そのため、英語でのビデオインタビュー選抜試験があり、合格した人のみ参加が可能となります。

応募方法などの詳細は、「Z会」公式サイトで確認を。

【Z会×Make Schoolプログラミングスクール】

  • 日程:Week1/2016年7月24日(日)〜28日(木)、Week2/7月31日(日)〜8月4日(木)、Week3/8月7日(日)〜11日(木)いずれも9時〜17時
  • 対象:中学1年生~高校3年生
  • 会場:「Z会」御茶ノ水ビル
  • 使用PC:Mac(OSX El Capitan 以上)
  • 費用:29万7000円(税込)※PCレンタルを希望する場合は別途費用がかかる

最新情報をFacebookにて
いちはやくお届け!