Home >> キッズ >> 【クーブ KOOV】リビングに馴染むデザインも◎…ソニーのロボットプログラミングキット発売

【クーブ KOOV】リビングに馴染むデザインも◎…ソニーのロボットプログラミングキット発売

2017.02.01

ソニーが手がけるSTEM教材

ソニーならではのSTEM教育を実現したい——そんな願いのもと、2017年2月18日(土)に満を持して発売されるのが、 ロボット・プログラミング学習キット「KOOV(クーブ)」。

「アドバンスキット」(302ピース、4万9880円)。

「アドバンスキット」(302ピース、4万9880円)。7種類のブロック、電子パーツ(DCモーター、サーボモーター、LED、ブザー、センサー)、 その他の付属パーツで構成。

KOOVは、ソニーにおける教育イノベーションを担う「ソニー・グローバルエデュケーション」(東京・港区)が開発した教材で、小学生以上の子どもが遊ぶことを想定してつくられています。

7種類のカラーブロックと、動きや表現のもととなる電子パーツ、そして専用の「KOOVアプリ」で構成。

【関連記事】ソニーのSTEM初等教育サービス「STEM101」

KOOVアプリには、ドラッグ・アンド・ドロップで直感的に理解できる「ビジュアルプログラミング」を採用。

koov4

プログラムをロボットに転送し、試行錯誤を重ねることでロボットに思い通りの動きを与えることができます。

レゴとの違いはナニ…?

今回発売されるのは、ブロックと電子パーツの全種類を揃えた「アドバンスキット」(302ピース、4万9880円)、ブロックと電子パーツをシンプルに構成した「スターターキット」(130ピース、3万6880円)、そして後からブロックや電子パーツを追加できる「拡張パーツセット」(130ピース、2万1880円)の3製品。

競合となるレゴのプログラミング教材「Web2.0」も、ブロック+電子パーツ+専用アプリがセットになっており、「基本セット」が2万4000円、指導用教材がセットになった「カリキュラムパック」が3万8200円。

【関連記事】レゴは2016年4月に「Web2.0」発売

KOOVは、「Web2.0」とくらべるとよりデザインが洗練されているのが魅力。

スケルトンなカラーブロックや白を基調としたパーツ類、ころんとしたスクエアな収納ボックスなど、教材っぽさがないのでリビングに置いても違和感のないデザインです(2016年度グッドデザイン賞金賞を受賞)。

子どもが学んで遊べるしくみ

また、KOOVには「ロボットレシピ」や「学習コース」が用意されているので、子ども自身が学んで遊べるのもうれしいポイント。

ロボットレシピには、赤外線フォトリフレクタやブザーを使って簡単なメロディーを出すことができる楽器(バイオリン、ギター)、DCモーターやホイールを組み合わせ走行させる乗り物(機関車、消防車)、サーボモータとプログラミングで動きをコントロールできる生物(カニ、ワニ)など、多彩なレシピを用意(アドバンスキット利用時)。

サーボモータとプログラミングで動きをコントロールする、「イヌ」ロボットの作例。

サーボモータとプログラミングで動きをコントロールする「イヌ」ロボット。

各レシピには「3D組立ガイド」が搭載されているので、複雑な作例でもパソコンやタブレット上で完成形の角度を変えたり、拡大・縮小することで構造を理解しながら組み立てることが可能。

「学習コース」では、アプリの操作方法と電子パーツの使い方をステージごとに学べる「はじめてのロボットプログラミング」と、楽しい動きをつくるためのさまざまな表現方法を習得できる「ブロックアーティストになろう」の2コースを用意。

与えられたミッションをクリアしていくと、 段階的にロボットプログラミングの知識を得ることができるそうです。

発売に先行して、2月2日(木)から東京銀座・名古屋・大阪・福岡天神の「ソニーストア」で展示されているので、気になる人はまずはお店で触れてみてはいかが?

KOOV公式サイト

【KOOV】

  • 販売元:株式会社ソニー・グローバルエデュケーション
  • 発売日:2017年2月18日(土)
  • 対象:小学生以上
  • アプリ:Windows 7以降(64bit)、 macOS 10.9以降、 iPad iOS9以降に対応
  • 価格:アドバンスキット(302ピース)/4万9880円、スターターキット(130ピース)/3万6880円、拡張パーツセット(130ピース)/2万1880円

最新情報をFacebookにて
いちはやくお届け!

<