Home >> 海外 >> 【ニュージーランド】TOEFLやケンブリッジ英検も申請可…16年10月「技能者ビザ」要件変更

【ニュージーランド】TOEFLやケンブリッジ英検も申請可…16年10月「技能者ビザ」要件変更

2016.10.20

人気ゆえにビザ要件を引き上げ

留学先としても移住の地としても、人気の「ニュージーランド」。

永住を目指す場合、「技能者移住部門(Skilled Migrant Category)」へビザ申請するケースが一般的ですが、2016年10月12日より、第1次審査「EOI」(Expression Of Interest)の要件が変更され、選出ポイントが140点から160点に引き上げられました。

%e3%83%8b%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%82%99%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%88%e3%82%99%e5%85%a5%e7%ae%a1%e5%b1%80

また、11月21日からは英語力の証明テストもラインナップが変更され、「IELTS」以外にも、TOEFL iBTやケンブリッジ英検などのスコアも提出できるようになります。

なお、テストの必要スコアなどは下記のとおりで、申請日より過去2年以内のものが有効です。

  • IELTS…6.5以上
  • TOEFL iBT…79以上
  • ケンブリッジ英検(First (FCE) and FCE for Schools)…176以上
  • 医療英語テスト(Occupational English Test)…B以上
  • PTEアカデミック(Pearson Test of English: Academic)…58以上

人気ゆえに移民に制限がかかったカタチとなりますが、移住を希望している人は常に最新情報を入手し、夢を実現してくださいね。

 ニュージーランド入国管理局

【ニュージーランド「技能者移住部門」ビザ申請要件変更】

  • 時期:2016年10月12日
  • 変更要件:「EOI」(Expression Of Interest)160点に引き上げ、必要とされる英語力について
  • 英語力証明テスト:IELTSに加え、11月21日よりTOEFL iBT、ケンブリッジ英検、医療英語テスト、PTEアカデミックも可能に

最新情報をFacebookにて
いちはやくお届け!