Home >> イベント >> 【ソフトバンク】「Pepper」を3年間無償で貸し出すプログラム公立約100校募集 11/21〆切

【ソフトバンク】「Pepper」を3年間無償で貸し出すプログラム公立約100校募集 11/21〆切

2016.11.08

Pepperでプログラミングを学ぼう

奇想天外なキャラクターと挙動がチャーミングな、人型ロボット「Pepper」。

すっかり人気者となったPepperですが、学校や非営利団体に無償で3年間貸し出すプログラムを、販売元の「ソフトバンクグループ(株)」が2017年3月にスタートします。

現在、このプログラムに参加を希望する団体を、2016年11月21日(月)まで募集中。

pepper%e8%b2%b8%e3%81%97%e5%87%ba%e3%81%97

貸し出しプランは、下記のふたつ。

  • スクールチャレンジ…対象/自治体(公立小中学校)最大100校程度、用途/プログラミング教育など
  • ソーシャルチャレンジ…対象/非営利活動法人、一般社団法人、公益財団法人、公益社団法人など最大15団体程度、用途/先進的な社会貢献活動

いずれも、Pepper(一般販売モデル、21万3840円)を3年間(2017年3月〜2020年3月)貸し出してくれるので、仲よくなるのには十分な時間ですね。

対象となる自治体・学校は?

「スクールチャレンジ」では、1校あたりPepper9台(予備2台含む)*のほか、専用パソコン7台、モバイルWi-Fiルーター3台、全6回程度のPepperを使用したプログラム授業教材なども貸し出してくれるなど、サポート態勢も万全。

※学級数の規模などにより増減する可能性あり

対象となる学校は、小学校では4~6年生、中学校では全学年。

pepper%e8%b2%b8%e3%81%97%e5%87%ba%e3%81%972

ただし、自治体は管轄する全公立小・中学校のうち35パーセント以上の学校(最低5校)で3年間継続実施ができること、各校の授業内で児童・生徒が制作したPepperのアプリや関連する取り組みについての発表コンテストを毎年実施することなどが応募条件となっています。

応募方法は、専用フォームから必要事項を記入のうえ送信。選考結果は、11月30日に自治体・非営利団体にメールにて通知される予定です。

くわしくは、ソフトバンクグループ「Pepper 社会貢献プログラム」公式サイトで確認を。

【Pepper 社会貢献プログラム】

  • 主催:ソフトバンクグループ
  • 対象:最大100校程度の学校、15程度の非営利団体など
  • 貸出期間:2017年3月~2020年3月
  • 応募締切:2016年11月21日(月)18時

最新情報をFacebookにて
いちはやくお届け!