Home >> 中学・高校 >> 高校 >> 【スーパーグローバルハイスクール】4校が最高評価獲得…14年度指定56校を6段階で中間評価

【スーパーグローバルハイスクール】4校が最高評価獲得…14年度指定56校を6段階で中間評価

2016.10.04


計画変更なども必要となる2校

【5】このままでは研究開発のねらいを達成することは難しいと思われるので、助言等に留意し、当初計画の変更等の対応が必要と判断される(2校)

  • 渋谷教育学園幕張高等学校
  • 大阪府立北野高等学校

渋谷教育学園幕張高等学校

多角的アプローチによる交渉力育成プロジェクト

  • 「食」と「交渉力」という二つのキーワードに立ち返りつつ、SGH事業を通して育成したい資質や能力について議論を深める必要がある。とくに海外研修については、育てたい能力を具体的に措定し、それらを達成するために必要なプログラムに見直すことが必要である。今後は、PDCAサイクルをベースとした取り組みとなることを期待したい
  • 教科ごとの取り組みと学年ごとの取り組みになっており、全校体制とは言い難い。今後は全校体制でSGH事業に取り組み、教員間の意識統一を図っていくなどの改善が必要である
  • 研究開発5年目に計画している国際高校生フォーラムの開催が目的化してしまわないよう、生徒が主体的に学んでいくよう取り組みの改善や工夫に期待する

大阪府立北野高等学校

アジアと学び合う―夢を実現する国づくり―

  • 大学と連携して取り組んでいる生徒の伸長に係る研究成果の検証に関して、調査に基づく分析が不十分であり、今後これらの分析や生徒の感じた問題点等に基づくカリキュラムの質を高めるような改善が必要である
  • それぞれの取り組みの連携が不十分で、全体として評価の方法が確立していないため、どのような成果があったのか見えず、工夫が望まれる
  • 数々の活動を実施しているように見られるが、構想調書に書かれている課題研究(4つのアプローチ)が実施されていないようである。構想内容や当初計画と実施内容に関する確認、また生徒の意識調査についてアンケート調査等で分析する等、取り組み全体の改善が必要である

最新情報をFacebookにて
いちはやくお届け!

Globaledu on Weekends

Globaleduで紹介した記事を、その週末の土曜朝にメールマガジンにまとめてお届けします。家族が集まる週末は、未来の学びについて考えるチャンス。プランニングのヒントとして活用してくださいね!

Thank you for subscribing.

Something went wrong.

  • LINE で情報発信はじめました♪ 
Globaledu編集部 動きながら考える。Be a doer!
みんなとシェアしたいイベントやアイデア、グローバルエデュへのご意見など、お気軽にお寄せください。
Send
Send