Home >> 中学・高校 >> 高校 >> 【スーパーグローバルハイスクール】4校が最高、1校は最低…15年度指定56校を中間評価

【スーパーグローバルハイスクール】4校が最高、1校は最低…15年度指定56校を中間評価

2017.09.30


【5】このままでは研究開発のねらいを達成することは難しいと思われるので、助言等に留意し、当初計画の変更等の対応が必要と判断される(3校)

  • 埼玉県立不動岡高等学校
  • 早稲田大学本庄高等学院
  • 千葉県立松尾高等学校

埼玉県立不動岡高等学校

  • 論理的思考力の育成を重要視しているが、評価方法が確立されていないため、他校の事例を参考にしながら、課題研究における生徒の探究プロセスの丁寧な分析を行うことが望まれる
  • 事前研修と海外研修とが関連づけられているが、生徒の自己評価に依存しているため、より客観性のある指標を用いることが望まれる
  • 学校全体の取り組みとするために、教員の意識が統一できるよう、全職員が研究の核を共通認識する必要がある

早稲田大学本庄高等学院

  • 一定の人材育成や挑戦は行われているが、課題研究の意味や価値を問うているか、学校総体として生徒も教師も成長を遂げているか等、SGHとしてのミッションを果たしているかという視点から取り組みを捉え直す必要がある
  • 全員が進学する早稲田大学まで含めた7年間でのグローバル人材育成プログラムとなっており、SGHとしての特色ある人材育成となっていない点は早急に改善する必要がある
  • とりわけ、 SGUとSGHを区別した上で特色の違いや相乗効果を明らかにし、SGHの効果をより具体的に示す必要がある

千葉県立松尾高等学校

  • 計画は実施されているが、各活動が「目標」を達成するプログラムとして統合されたものになっていない点は課題である
  • 自ら課題を設定し、テーマに沿って習得した知識・技能を活用するといった探究のプロセスを意識した指導を充実させる必要がある
  • SGH事業の目的と照らし、グローバル市民形成という観点から地域課題を世界的視野から解決できるような人材育成という狙いを明確化するなどの改善が望まれる

指定の解除が適当と判断される1校>>

最新情報をFacebookにて
いちはやくお届け!

Globaledu on Weekends

Globaleduで紹介した記事を、その週末の土曜朝にメールマガジンにまとめてお届けします。家族が集まる週末は、未来の学びについて考えるチャンス。プランニングのヒントとして活用してくださいね!

Thank you for subscribing.

Something went wrong.

  • LINE で情報発信はじめました♪ 
Globaledu編集部 動きながら考える。Be a doer!
みんなとシェアしたいイベントやアイデア、グローバルエデュへのご意見など、お気軽にお寄せください。
Send
Send