Home >> キッズ >> 【スウェーデン大使館】北欧の暮らしを体験しよう「SWEDEN KIDS WEEK 2016」10/15-16

【スウェーデン大使館】北欧の暮らしを体験しよう「SWEDEN KIDS WEEK 2016」10/15-16

2016.09.21

スウェーデン大使館のキッズイベント

毎秋、スウェーデンのさまざまな暮らしに触れることができるイベントとして人気の、「SWEDEN KIDS WEEK(スウェーデン・キッズ・ウィーク)」。

5年目を迎える2016年も、10月15日(土)、16日(日)の2日間に渡り「スウェーデン大使館」(東京・六本木)でイベントが開催されます。

swedenweek11

子どもと自然をテーマに、スウェーデンに日帰り旅行しているようなイメージの会場で、スウェーデンブランドの最新コレクションを楽しめる体験型イベントとなっており、スウェーデン知育玩具に触れてみたり、34ものアクティビティに参加してみたり。

さらに、「スカンジナビア航空」スウェーデン往復航空券が1家族分(大人2名+12才未満1名)当たる「SNSフォトコンテスト」(募集/9月20日〜10月16日、当選者発表/10月16日)もあるので要チェックですね。

また、イベント期間中は、南北線「六本木一丁目駅」改札口前に2日間限定ストアもオープンするそうですよ。

アクティビティーも盛りだくさん

では、当日はどのような楽しみ方ができるのか、イベントを中心にチェックしていきましょう。

まずは、自然との関わりについて学べる内容を中心としたさまざまなアクティビティから。

子ども向けネイチャー・ ワークショップ

  • 実施:インタープリター/サステナブル・アカデミー・ジャパン
  • 日時:10月15日(土)、16日(日)11時~12時、13時~14時、14時30分~15時30分(計6回)
  • 場所:スウェーデン大使館の庭園および大使館周辺の雑木林
  • 対象:4~8才
  • 定員:10名
  • 参加費:1000円
  • 申込:webから事前申込

スウェーデン発祥の子ども向け自然体験教室「森のムッレ教室」のメソッドを用いたネイチャー・ワークショップ。

swedenweek8

「ムッレ」とは森の妖精のことで、 子どもたちが五感を使って楽しみながらエコロジーを学び、 自然の大切さを身につけるという教室。 スウェーデンでは国民の5人にひとりが体験しているそうです。

北欧生地をつかったファブリックパネルづくり

  • 実施:アルメダールス
  • 日時:10月15日(土)、16日(日)12時~12時40分
  • 会場:スウェーデン大使館内テラス
  • 定員:各10名
  • 参加費:4320円(材料費込み、生地の変更の可能性あり)
  • 申込:当日来場前に「六本木一丁目」駅改札口正面のキッズウィークストアにて申し込み(子どもが参加する場合は親同伴必須)
「Almedahls(アルメダールス)」は、1846年創業のスウェーデンでももっとも知られたファブリックメーカーのひとつ。ホームインテリアでは1950~70年代に活躍したデザイナーのパターンを多く用いており、センスもバツグン 。

「Almedahls(アルメダールス)」は、1846年創業のスウェーデンでももっとも知られたファブリックメーカーのひとつ。ホームインテリアでは1950~70年代に活躍したデザイナーのパターンを多く用いており、センスもバツグン 。

35×35センチサイズパネルに、スウェーデンの老舗テキスタイルブランド「 アルメダールス」の生地をパネルに貼り付け、ファブリックパネルをつくります。 親子で参加可能。

BRIOのプレイテーブルで遊ぼう

  • 実施:ブリオ・ジャパン
  • 日時:10月15日(土)、16日(日)10時~17時
  • 会場:スウェーデン大使館展示ホール
「BRIO BRIO JAPAN K.K.(ブリオ・ジャパン)」は、1884年南スウェーデンの町で創立された知育玩具メーカー。スウェーデン王室御用達ブランド。

「BRIO BRIO JAPAN K.K.(ブリオ・ジャパン)」は、1884年南スウェーデンの町で創立された知育玩具メーカー。スウェーデン王室御用達ブランド。

木製レールウェイをはじめ木製おもちゃが体験できるコーナーが出現。

ボルボの車にお絵かきしちゃおう

  • 実施:ボルボ・カー・ジャパン
  • 日時:10月15日(土)、16日(日)10時~17時
  • 会場:スウェーデン大使館正門広場
  • 対象:0〜10才
Volvoは、「体の大きさに関わらず、子供も大人と同等の安全性を確保しなければならない」の理念に基づき、1972年に世界ではじめて「後ろ向き」チャイルドシートを発表、チャイルド・セーフティ・プログラムを開始。

Volvoは、「体の大きさに関わらず、子供も大人と同等の安全性を確保しなければならない」の理念に基づき、1972年に世界ではじめて「後ろ向き」チャイルドシートを発表、チャイルド・セーフティ・プログラムを開始。

ボルボの車にペンで自由にお絵かきをしたり、 色を塗って世界にひとつだけの車をみんなでつくります。

火おこし体験

  • 実施:モーラナイフ
  • 日時:10月15日(土)、16日(日)10時~17時
  • 会場:スウェーデン大使館正門広場
  • 対象:5才以上
「Morakniv(モーラナイフ)」は、1891年にモーラ―地方で設立したスウェーデン王室御用達のナイフブランド。

「Morakniv(モーラナイフ)」は、1891年にモーラ―地方で設立したスウェーデン王室御用達のナイフブランド。

モーラナイフと落ち葉や枝を使用して、実際に火おこしを体験、または見学することができます。

+++++++++++++++++++++++++++

このほかにも、スウェーデンならではのブランドが出展し、さまざまな商品を手にとって体験することができます。

Blueair(ブルーエア)

ストックホルムに本社を置く、1996年に設立された空気清浄機専業メーカー。

swedenweek9

高性能な空気浄化システムと北欧ならではのスタイリッシュなデザインを持つブルーエア空気清浄機は、欧米をはじめ世界60ヵ国以上で支持されているそう。

 Littlephant(リトルファント)

2009年に設立されたライフスタイルブランド。

swedenweek4

デザイナーのカミーラ・ルンドステンは、2015年度「Elle Deco」テキスタイル部門のデザイナー・オブ・ザ イヤーを受賞しています。

Oskar&Ellen(オスカー&エレン)

カラフルな玩具でロールプレイをするなかで、子どもたちの学習力・想像力を刺激するような楽しいものを提供していく、というコンセプトのソフトトイブランド。

swedenweek2
入場は無料ですが、事前に「SWEDEN KIDS WEEK 2016」公式サイトから登録が必要です。

【SWEDEN KIDS WEEK 2016】

  • 主催:スウェーデン大使館商務部
  • 日時:2016 年10月15日(土)、16日(日)10時〜17時
  • 会場:スウェーデン大使館(東京都港区六本木1-10-3)

最新情報をFacebookにて
いちはやくお届け!