Home >> Tag Archives: ダブルディグリー

Tag Archives: ダブルディグリー

【立命館大学】オーストラリア国立大学の学位も同時取得…19年度「グローバル教養学部」新設

立命グローバル教養

入学定員は100名。授業はすべて英語で実施され、立命館からは「グローバル教養学」、ANUからは「アジア太平洋学」の2つの学位が授与されます。

Read More »

【明大経営学部】17年度よりヴィクトリア大学の学位も取得できる「デュアルディグリー」開始

ビクトリア大学明治経営

明治大学経営学部とヴィクトリア大学グスタフソン・ビジネス学部でそれぞれ2.5年間、計5年間学び、日本の経営学士とカナダの商学士の両学位を取得。

Read More »

【早稲田大学】海外大の学位も取得「ダブルディグリープログラム」提携先に15年9月2校を追加

ESCP EUROPE

メリットは、標準修業年数で双方の学位取得が可能で、学費の相互免除もあること。現在は米国・コロンビア大学、シンガポール大学、北京大学などと連携。

Read More »

【東京藝大】世界トップ4芸術大学で共同学位カリキュラムを構築し、グローバルな人材を育成

東京藝術大学

教員や学生の交流をはじめ、各国の国際芸術祭におけるプロジェクトの共同実施などの取り組みを共同の学位プログラムとし、認定していこうというもの。

Read More »

【グローバル教育相談室21】豪で弁護士になるために取得するべき資格や就職状況など教えて

globalfamily_image

弁護士になるには、大学で法学を学び、州の試験に合格する必要があると聞きましたが、そのようなプロセス以外にも考慮しておくべき点はありますか?

Read More »

【武蔵大学】約50万円で「ロンドン大学」の学位も取得可能なプログラムを15年度にスタート

「University of London International Programmes」のサイト。

ロンドン大学の授業を武蔵大で履修し、双方の試験に合格すればふたつの大学の学位が得られます。対象となるのは15年度以降の経済学部入学生約20名。

Read More »

【キャンパス・アジア】次世代のグローバルリーダー養成を目指す…日中韓共同の教育プログラム

キャンパスアジア2

キャンパス・アジアの最大の特長は、3ヵ国が共同で「大学の質」を検証し、保証していること。欧米スタイルの授業を採用していることも評価できます。

Read More »

【慶應経済学部】TOEFLやIBを入試に活用…16年秋入学より100名に全英語プログラムを導入

慶応peral

入学選考では筆記試験は行わず、英語力の判断材料としてTOEFLやIELTS、総合的な学力にはSAT、国際バカロレアDPなどを活用する予定。

Read More »
Globaledu編集部 動きながら考える。Be a doer!
みんなとシェアしたいイベントやアイデア、グローバルエデュへのご意見など、お気軽にお寄せください。
Send
Send