Home >> Tag Archives: 英語4技能テスト

Tag Archives: 英語4技能テスト

【TOEFL入門】世界の50万人が受講した、自分のペースで学べる無料オンライン講座に挑戦せよ

このプログラムは2015年にスタートし、今回で3回目の実施。なお、これまでに200ヵ国以上から50万人が参加しているそうです。

プログラムは、講義、ビデオ、過去のテスト設問・模範回答の説明などで構成。2017年からはスピーキングとライティングでレベルを示す換算値も提供。

Read More »

【明大・国際日本学部】18年度一般入試で英検準1レベルを英語満点換算、他2科目加算し判定

2008年に開設された「国際日本学部」は、「世界の中の日本」という視点に立って積極的に世界に価値ある情報を発信できる国際人を育成。英語で講義を行う科目も多数ある。

配点は、国語(150点)、社会(100点)、外国語(200点)。合否判定は一律志願者全員の総合点で行なわれ、満点換算対象者用の合格者枠はなし。

Read More »

【広島大学】英検準1級相当以上は、2019年度入試よりセンター試験「英語」を満点に換算

広島大学は2014年に「スーパーグローバル大学」トップ型に採択されており、グローバル人材の育成に力を入れています。

一般入試、AO入試、推薦入試を対象に、TOEFL iBT、英検、IELTSなど8つのテストで「CEFR」B2レベル以上をセンター試験「英語」試験を満点換算。

Read More »

【英語4技能テスト】一般入試での活用は2.2倍増…2017年度最新大学入試トレンドが明らかに

%e6%97%ba%e6%96%87%e7%a4%be3

全764大学のうち、推薦・AOで314大学、一般入試で110大学が英語4技能テストを採用。とくに国公立大の推薦・AO、私立大の一般入試で大幅に増加。

Read More »

【英検】準2、3級ライティングのサンプル問題も公開…2017年度より3級以上が4技能テストへ

%e8%8b%b1%e6%a4%9c%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%af%e3%82%99

短文中の語句整序問題の出題は廃止。筆記試験テストは10分延長され、準2級は65分→75分に、3級は40分→50分に。受験料も値上げされます。

Read More »

【DMM英会話】ピアソンの英語力指標「GSE」を採用し、10レベルで教材が選べるしくみ導入

dmm%e8%8b%b1%e4%bc%9a%e8%a9%b1

2016年10月よりグローバルな英語力指標「GSE」を採用入し、ユーザーが自身のレベルや目標に合った教材やコースを手軽に選択できるしくみを導入。

Read More »

【GTEC Junior】英検とはナニが違う? 2016年12月にベネッセが小中学生向け4技能試験開始

gtec-junior

レベルは3段階となり、試験は貸与されるタブレットで4技能を測定。2016年度は「Junior 2」のみを実施し約3000名が受験する見込み。

Read More »

【TOEFL】初回講座には20万人が参加…6週間で基礎力アップ、無料オンライン講座9/7スタート

TOEFL

TOEFLを作成する米国の非営利教育団体「ETS」が主催するプログラムで、6週間でTOEFLの概要から各スキル上達のコツ、テストの心得まで教授。

Read More »

【武蔵大学】2017年度より全3学部に英語4技能試験を採用した「全学部統一グローバル型」導入

武蔵大学は、1949年4月に開学。経済学部(経済学科、経営学科、金融学科)、人文学部(英語英米文化学科、ヨーロッパ文化学科、日本・東アジア文化学科)、社会学部(社会学科、メディア社会学科)の3学部8学科があります。

求められるレベルは、英検準1級、ITEAP226点〜298点、TOEFL iBT42〜62など。同一学部内であれば、受験料3.5万円で3学科まで出願可能。

Read More »

【早稲田大学国際教養学部】英検とTOEFLを評価…2018年度「英語4技能試験」活用入試導入

早稲田国際教養入試

英語リスニング試験を廃止し、英検とTOEFL iBTの試験結果を合否の判定要素として導入。200点満点中、スコアなどにより最大15点に換算。

Read More »

【学習院大学】「国際社会科学部」は2017年度より英語4技能検定活用入試を導入し20名を募集

学習院国際社会学部

英語試験は200満点ですが、例えば英検1級で200点、準1級で180点、2級で100点に換算。国語100点、地歴公民数学100点の3科目で合否判定。

Read More »

【広島大学】2017年度入試より「国際バカロレア入試」と「英語外部検定試験利用入試」導入

広島国際バカロレア

総合科学部を除く10学部で「国際バカロレア入試」(各学部で若干名募集)を、全学部で英語外部検定試験利用AO入試を2017年度より導入します。

Read More »

【CIEE】上位大学に必要とされるスコアは? 一般入試における「TOEFL iBT」活用状況公開

toefl ibt活用

東京海洋大学は40点、立教大学「グローバル方式」は41点、鹿児島大学は71点、関西学院大学「英語検定試験活用型試験」では72点以上が出願要件。

Read More »

【TOEFL】6週間の無料準備講座「TOEFL Test Preparation」が2016年6月にスタート

TOEFL Test Preparation

英語による講義となり、学習時間は週に2〜4時間。6週間の講座は、1週目がテストの概要、つぎに4スキルを1週ずつ、最終週に役立つヒントを紹介。

Read More »

【英語検定試験】使えるのはやはり英検?「2016年度推薦入試・AO入試での活用状況」調査

英語検定試験

求められる英語力は、8割を超える入試で英検で準2級〜2級レベルに設定。英検準1級レベルまで求める入試は、全体の8.8パーセントに留まっています。

Read More »

【TOEIC調査】「入試」に45パーセント、「単位認定」に42パーセントの大学がスコアを活用

toeic

2015年度の受験者数が227.9万人と過去最多を更新した「TOEIC」。入試に380校、単位認定に367校もの大学が活用しているそうです。

Read More »

【文科省調査】英語試験免除にみなし満点まで…大学の4割が「外部英語検定試験」を入試に活用

大学が合否ラインとしている英語のレベル。B1相当が44.9パーセント、A2相当が35.3パーセントと多い。

具体的な活用方法は、「推薦入試」が29.2%、「AO入試」が24.2%、「一般入試」は6.3%。合否レベルは初級〜中級レベルが8割を占めています。

Read More »

【英語4技能テスト】試験とスコアごとに活用できる「大学入試・奨学金・留学」情報<まとめ>

4skills

大学入試や奨学金、留学などに必須となってきた「英語4技能テスト」。AO入試などで求められるスコアをまとめたので、ぜひ活用の目安にしてくださいね!

Read More »

【早稲田大学】英検2級、TEAP280以上…17年度に導入される「英語4技能テスト」基準点は?

早稲田文化構想学部

基準となるのは、TEAP/280、IELTS/6、英検/1級、準1級(16年4月以降は2級も)、TOEFLiBT/60。該当する受験者は、一般入試日に国語と地歴の2教科を受験。

Read More »

【鹿児島大学】英検準1級で外国語試験が満点に…17年度入試より全学部で外部英語試験導入

kagoshima

下記のスコア以上であれば外国語試験がみなし満点に。英検/準1級、GTEC CBT/1250点、IELTS/5.5、TEAP/334点、TOEFL iBT/72点など。

Read More »