Home >> Tag Archives: グローバル人材育成 (page 5)

Tag Archives: グローバル人材育成

【都立国際高等学校】外国人生徒も歓迎…16年度から「国際バカロレア」カリキュラム導入へ

都立国際高校

14年度から数学などの課目も英語による授業を開始し、16年度から国際バカロレアのカリキュラムをスタート。外国人生徒も歓迎するとのことです。

Read More »

【12月15日】グローバル人材育成を推進する47大学が大集結「Go Global Japan Expo」

global expo01

Go Global Japan Expoは、文科省による「グローバル人材育成推進事業」採択42大学など計47大学が合同で開催するイベント。

Read More »

【11月24日】大学における人材育成を考える…お茶大で「グローバル人材育成フォーラム」開催

グローバル人材育成推進事業

「文部科学省グローバル人材育成推進事業」東日本第2ブロック採択校18大学が集結し、大学におけるグローバル人材育成について考えます。

Read More »

【インターナショナルスクール・オブ・アジア軽井沢】11月8日より1期生約50名を募集開始

ISAK2

9月1日には国際バカロレア機構より「国際バカロレア認定候補校」として認められ、2014年8月の開校より1年以内にIB認定校となる予定です。

Read More »

【アオバジャパン・インターナショナルスクール】大前研一氏の「BBT社」が子会社化

aoba inter

アオバ子会社化により、幼稚園から大学院、社会人までの生涯教育のプラットフォームを形成するとともに、さらなる事業発展を目指していくとのこと。

Read More »

【信州大学】大学院に5年間一貫教育コースを新設…繊維分野を極めるグローバルリーダー育成

shinshu-u

定員は10名で、東南アジアなど海外からも学生を募集。年間約200万円の奨励金や授業料の減免、研究費支援など経済的支援も行っていきます。

Read More »

【シンガポール】「SIM グローバルエデュケーション」での学位取得や入学方法、学費について

SIM-GE

パートナー大学の学位取得コースだけでなく、数ヵ月間からの交換留学制度や本校からの講師派遣、大学どうしの交流イベントなどが行なわれています。

Read More »

【シンガポール】多国籍な環境で欧米大学の学位を修得「SIM グローバルエデュケーション校」

GIM-GM02

日本人にとっても、生活水準の高さや比較的近いシンガポールを拠点に欧米のプログラムを学べ、多国籍な人脈をつくることができるのは大きな魅力。

Read More »

【山口大学】2回の海外留学でグローバル人材を育成…2015年に「国際総合科学部」を新設

山口大学国際学部

1年生では東南アジアの語学学校での1ヵ月研修、2年生秋からは1年間約20の提携大学に交換留学。卒業時にTOEIC730点以上を目指します。

Read More »

【文化学園大杉並】中学に「グローバルコース」、高校に「インターナショナルコース」導入

bunsugi

「グローバルコース」は、高校に導入予定の「インターナショナルコース」に先立ち、英語力に磨きをかけたグローバル人材の育成を目的としています。

Read More »

【2013〜14年】「モチベーションアカデミア」主催「グローバル人材エントリー講座」

academia

講座では、異文化対応力を身につけるべく、外国人バイリンガル講師2名がさまざまなコミュニケーション例をパフォーマンスを交えて伝授。

Read More »

【英語力調査】英語教育戦略を図るために、2015年より中高生を対象としたテストを実施

英語力調査

文科省は、「初等中等教育段階におけるグローバル人材育成」を目標に、15年より中高生を対象に英語力調査テストを実施していくことを決めました。

Read More »

【実践女子学園中学校・高等学校】中高一貫の国際学級「グローバルスタディーズクラス」

jissen3

GSCの募集定員は、各学年35名。3レベルにわかれて行われる英語の授業のほか、音楽と美術は外国人教員が担当するイマージョン教育を実施。

Read More »

【西武学園文理小学校】英語授業+音図体も英語で行う…週10時間の「文理イマージョン教育」

seibubunri

英語の授業は、低学年で週2時間、高学年で週3時間設けられており、さらに「文理イマージョン教育」として、音楽、図工、体育を英語で実施。

Read More »

【都立小中高一貫教育校】理数を中心に世界で活躍できる人間育成を目指し、2017年4月に開校

tokyo

カリキュラムは基礎期、拡充期、発展期の各4年に区切った「4・4・4制」を検討。子供の潜在能力を最大限に引き出す教育モデルを構築する予定。

Read More »

【韓国】一歩足を踏み入れたら英語以外使用禁止…注目の実践型英語学習施設「英語村」とは?

Photo by 1224

国内に30ほどあるという英語村ですが、09年7月にオープンした「釜山グローバルビレッジ」は、成功型の英語教育施設として知られています。

Read More »

【8、9月】「スクイーク」を学ぼう…「スーパーサイエンスキッズスクール」参加者募集

ssk

ワークショップでは、アラン・ケイ博士が開発した教育向けコンピュータ言語「スクイーク」を使い、想像力や発想力を引き出しながら学んでいきます。

Read More »

【4学期制】国際標準に合わせることで競争力を高める…早稲田に続き、慶応と東大で導入決定

早稲田のクォーター制のスケジュールイメージ。

4学期制のメリットは、留学しやすい環境を整えると同時に海外からの外国人学生も受け入れやすくなり、大学の国際競争力を高めることができます。

Read More »

【関西学院大学】国際バカロレア試験を含む5つの「グローバル入学試験」を2014年度より実施

kgglobal2

「グローバル入学試験」は、同大学「実践型“世界市民”育成プログラム」が「グローバル人材育成推進事業」に採択されたのを機に実施されることに。

Read More »

【キッズデザイン賞】グローバルな視点で地球を体感できる最新鋭学習ツール「触れる地球」

kidsdesign

触れることができる球体に、リアルタイムの気象情報や渡り鳥など生物の地球移動映像を投影。グローバルな視点で地球を体感できる画期的ツールです。

Read More »