Home >> Tag Archives: TOEFL (page 2)

Tag Archives: TOEFL

【明大経営学部】17年度より英語4技能試験活用型入試で40名募集し、グローバル経営人材育成

明治大学は「スーパーグローバル大学」に選出されており、全学をあげてグローバル人材育成に取り組んでいる。

IELTS、TEAP、TOEFL、TOEIC、英検で一定基準を上回る人には英語試験を免除し、スコア等に応じて加点。国語と選択科目の2科目の合計点を加え合否を判定。

Read More »

【アゴス・ジャパン】TOEIC700点はTOEFL iBT53点に相当…TOEFLスコア換算方法を発表

toeic toefl2

TOEICスコアも保持する3388人の初回受験時のTOEFLのスコアをもとに換算、TOEIC700点に相当するのは、TOEFL53点となります。

Read More »

【明治大学政治経済学部】国内外から15名を募集…17年度「グローバル型特別入学試験」導入

明治政経

政治経済学部では「ダブルディグリー・プログラム」などの留学プログラムを実施。これらの留学に適応できる知性と語学力を持った学生獲得を目指します。

Read More »

【EFSET】2時間のレベル判定試験が24時間無料で受験可能…TOEFL受験者は挑戦してみては?

スタンダードな「EFSET」。15分で英語の実力を測る。

24時間オンラインで受験でき、難易度をリアルタイムに受験者の正誤解答パターンに適応させ出題するシステムを採用。試験結果は「CEFR」にも対応。

Read More »

【TOEFL Junior】筑波など6大学が入試で採用…年に1度の試験11/1に実施(10/13〆切)

toefl juniorbook

TOEFLへの挑戦の第一歩となるのが「TOEFL Junior COMPREHENSIVE」。11月の試験実施にあわせ、日本ではじめての問題集も発売。

Read More »

【早稲田大学】文化構想学部で70名、文学部で50名募集「4技能試験活用入試」17年度に導入

waseda外部英語試験

TEAP、IELTS、英検、TOEFLのいずれかで基準点/基準級を上回っている受験生は、一般入試の国語と地理・歴史の2教科の合計得点で合否判定。

Read More »

【大学入試2016】武蔵野大学が全9学部で外部英語検定試験を活用した「グローバル方式」導入

武蔵野大学は、1965年に「武蔵野女子大学」として創立。03年に「武蔵野大学」に名称変更し、04年から共学となった私立4年制大学。法、経済、文、グローバル・コミュニケーション、人間科学、教育、薬、看護、工の9学部。

TOEFL、IELTS、TEAP、GTECなどの基準スコアに応じて英語の得点を80~100点とみなし、残りの2教科は筆記試験を受けます。

Read More »

【大学入試2016】近畿大学が16年度に新設する「国際学部」推薦入試で外部英語試験を活用

近畿国際学部2

TOEFL、TOEIC、IELTS、GTEC、TEAP、英検で一定以上のスコアを収めると、3段階の「みなし得点」で換算、合否判定を受けることが可能。

Read More »

【大学受験2016】法政大学が「英語外部試験利用入試」と「国際バカロレアAO入試」を導入

法政大学

TOEFL、IELTS、TOEIC、英検で一定以上のスコアがある受験生を対象に、1科目の点数のみで合否を判定。6学部10学科で35名を募集。

Read More »

【大学入試2016】関西学院大学「センター利用入試」で外部英語検定試験を出願資格として活用

西宮上ヶ宮キャンパス。

各検定試験において、「CEFR」B2レベル以上を出願資格とし、各学部が指定するセンター試験の英語以外の科目の得点をもって合否判定をおこないます。

Read More »

【大学入試2016】基準スコアを満たせば英語テスト免除…獨協大学「外部検定試験導入型」採用

獨協大学

出願基準以上の英語の外部検定試験資格・スコアを保持している場合は、英語試験を免除し、各学科が指定する2教科(国語および選択科目)で合否判定。

Read More »

【4月23日】TOEFL受験者がFacebook上に集う…ETS主催「English Language Day」開催

english day

ライブイベントは「TOEFLテスト」Facebook上で開催。専門家が英語の語彙や文法、TOEFLテスト対策のほか、英語を勉強する際のコツを伝授。

Read More »

【北海道大学】IBもしくはSAT、ACTスコア提出必須…18年度よりAO入試を導入し15名募集

北海道大学国際総合入試2

人物については自己推薦書と面接などにより評価。学力はIBまたはSAT、ACTのスコアにより、語学力はTOEFLなどの国際的な語学試験により評価する予定。

Read More »

【BOOK】早期対策が成功のカギ…中高生もわかる「かなり詳しく学べるTOEFL iBT入門編」

河合塾グループの「河合出版」と、留学準備・試験対策専門校「アゴス・ジャパン」がタイアップした、まさに高校生にもわかりやすいTOEFL入門書。

TOEFL iBTは、日本の大学で推薦入試の出願要件となったり、国家公務員試験で点数加点で優遇されたりと、その存在感は急速に高まっています。

Read More »

【大阪大学】世界トップ10大学への布石…17年度より「世界適塾入試」で多様性のある学生募集

「世界適塾」とは、大阪大学が1838年に緒方洪庵が開いた「適塾」を原点としていることに由来。大阪大学は、14年に「スーパーグローバル大学」タイプAに選出ましたが、そのプラン名が「GLOBAL UNIVESITY『世界適塾』」。

出願資格として国際バカロレアを認めているのは、文学、人間科学、外国語学、法学、経済学の5学部。文学部以外は必要スコアを38以上としています。

Read More »

【Z会】「igs」のノウハウを継承…15年4月にZ会教室で「英語で考えるリーダー塾 igsZ」開始

「igsZ」は、「Institution for a Global Society株式会社」(IGS、2010年設立)のスクール事業を分社化し、14年11月に設立。15年1月より「英語で考えるリーダー塾 igsZ」をスタートしています。

世界トップ大学やスーパーグローバル大学を目指す小中高生に、英語4技能プログラム、グローバルリーダープログラム、海外進学準備プログラムを提供。

Read More »

【立教大学】16年度入試よりGTECやTEAPなどを活用した「グローバル方式」で100名募集

立教グローバル入試

英語試験に代えて、GTEC CBT、TEAP、TOEIC、IELTS、TOEFL iBT、英検を活用し、筆記試験は英語以外の2教科を実施。

Read More »

【1月31日〆切】TOEFL主催「わが町を英語でPRする」プロジェクトで英語力を磨こう

TOEFL Young Students Series3

「Our Town. In Our Words」(自分の声で自分の街を)をテーマに、動画やポスター、新聞記事などの形式で英語のPR作品を作成。

Read More »

【グローバル教育相談室12】アメリカの大学進学適性試験「SAT」の対策や受験法が知りたい 

globalfamily_image

日本の高校を卒業し、アメリカの大学に進学を考えていますが、「SAT」のスコアが必要になるそうです。対策法や受験はどうすればいいのでしょうか。

Read More »

【9月30日〆切】小学生向け「TOEFL Primary」第1回試験(11月9日)申し込み受け付け中

toefl primary

対象者は8才以上を想定しており、リスニング、リーディング、スピーキングのコミュニケーションスキルを測定。まずはサンプル問題を試してみては?

Read More »