Home >> 【テイクアクション部】募集中のプログラム

【テイクアクション部】募集中のプログラム

テイクアクション部では、学びのプログラムの詳細をレポートしてくれる「特派員」、気になる話題や人物などを取材する「記者」、グローバルエデュの記事を英語に翻訳して世界に発信する「翻訳者」メンバーを募集しています。

【テイクアクション部】部員エントリーはこちらから

エンパワーしたい特派員募集

この夏、中高生特派員が参加し、レポートしてくれた多彩なサマープログラム特集には大きな反響がありました。

【関連記事】中高生特派員レポート2017 Summerをチェック!

今後も募集していくのは、みなさんが挑戦した(もしくはこれから挑戦する)プログラムに関するレポート。自身の体験をシェアすることで、これから挑戦したいと考える仲間をエンパワーしてくださいね。

【「中高生特派員」チームメンバー募集】

  • 対象:テイクアクション部に所属する中学生、高校生(個人、グループ)、部員以外の中高生
  • 対象となるプログラム:グローバルエデュで紹介しているプログラム、それ以外のプログラム、中高生の個人やグループが挑戦するプロジェクトなど
  • 文字量:2000文字〜(日本語もしくは英語、写真4点以上を添付)
  • 応募時期:その都度(プログラムやプロジェクトに関する事前審査あり)
  • レポート締切:その都度個別にご相談
  • 謝礼:amazonギフト券1500円分(記事を掲載後にメールでお送りします。参考書や学用品など、みなさんの生活で必要なものに活用してもらえたら嬉しいです)

<レポートに盛り込んでもらいたい内容>

  • どんなプログラムなの(特徴)?
  • なぜ申し込んだのか(動機)
  • どのように申し込んだのか(申し込み方法)
  • 事前に準備したこと
  • プログラムでの体験
  • 参加しての感想
  • プログラムを総括(まとめ)

あの人と会えるかも?記者募集

そして、特派員とは別に「中高生記者」も募集します。

気になっている「あの大学の学び」や「財団による奨学金制度」、ちょっとハードルが高いけど「挑戦したいコンテスト」など、興味のある分野のテーマを絞って取材し、記事を書いてください。

記者の醍醐味は、普段はなかなか会えない人や団体などに、直接知りたいことや疑問をぶつけて話を聞くことができること。

取材内容は、編集部が提案するテーマを取材して書いてもらうものと、自身のテーマをもとに取材して書いてもらうものと、2パターン考えています。取材対象者とアポイントメントを取ったり、取材の場の設定は、編集部が安全に行えるようサポートします。テーマについては、個別に相談させてくださいね。

【「中高生記者」チームメンバー募集】

  • 対象:テイクアクション部に所属する中学生、高校生(個人、グループ)
  • 記事内容:編集部が提案するテーマについて、記者自身が会いたい人や団体を取材するなど
  • 文字量:2000文字〜(日本語もしくは英語、写真3点以上を添付)
  • 応募時期:その都度
  • 記事締切:その都度個別に相談
  • 謝礼:amazonギフト券1500円分(記事を掲載後にメールでお送りします。参考書や学用品など、みなさんの生活で必要なものに活用してもらえたら嬉しいです)
  • その他費用:取材先への交通費などの必要経費は編集部が負担します

※家庭や学校を離れた場所での活動となりますので、保護者の了承を得た上でご応募ください

世界に記事を届ける翻訳者募集

そして、もう一つ募集するのは「翻訳者」。

特派員の書いてくれた海外体験レポートや、これから特集を予定している「主体的に動くためのマインドセット」についての記事などは、英語で発信してくことで、日本のみならず世界の中高生にも役立つ記事となります。

【関連記事】メンバーによる英語翻訳記事はこちら

そんな有益な記事を世界へ発信していくために、得意な英語を使って翻訳してくれる人も募集します。翻訳記事には、翻訳者として名前(希望があれば学校名)を入れさせもらい、わずかばかりですが謝礼も用意しています。

英語は勉強のためだけではなく、世界とつながるコミュニケーションツールであること、そして、それが価値あるスキルなのだということを感じる機会にしてもらえたら嬉しいです。

【「中高生翻訳者」チームメンバー募集】

  • 対象:テイクアクション部に所属する中学生、高校生(個人、グループ)
  • 内容:グローバルエデュの既存の記事を英語に翻訳してもらい、世界の中高生に発信する
  • 文字量:2000文字〜(ご相談)
  • 応募時期:その都度
  • 締切:その都度個別に相談
  • 謝礼:1記事につきamazonギフト券1000円分(記事を掲載後にメールでお送りします。参考書や学用品など、みなさんの生活で必要なものに活用してもらえたら嬉しいです)

今後のプログラムについて

秋以降は、「こんなことを実現してみたい」という中高生の果敢なる挑戦をサポートするプログラム「Globaledu Challenge」や、先輩や大人の知恵を拝借して学ぶ勉強会、さまざまなテーマに挑戦するコンテストなど、さまざまな活動を予定しています。

【テイクアクション部】部員エントリーはこちらから

※ 翻訳チーム、記者チームにはテイクアクション部員のみが応募可能ですので、入部の上応募ください。特派員は、中高生であれば誰でも応募が可能です(国内外の学校、国籍問わず)。

★お名前

★メールアドレス

★学校名と学年

★応募する役割(特派員、記者、翻訳者)

★「記者」は取材したいテーマとその理由、「翻訳者」は英語レベルと翻訳経験を記載してください。そのほか、意気込みや自己アピールがあればどうぞ。

★「特派員」は、①参加(予定含む)したプログラムの概要(日程や参照URL)、②参加理由、③このプログラムをレポートしたい理由(300文字以上)を記載してください。

★なお、特派員レポートは、過去にレポートで紹介したプログラム、プログラムが半日などと短く参加者の主体的な行動があまり問われないもの(トークイベントなど)、学びの要素が薄いものなどは、レポートの対象とならない場合があります。

Globaledu編集部 動きながら考える。Be a doer!
みんなとシェアしたいイベントやアイデア、グローバルエデュへのご意見など、お気軽にお寄せください。
Send
Send