Home >> 奨学金 >> 【5月18日〆切】ITを学ぶ知的で情熱的な女子学生を応援「Googleアニタ・ボルグ記念奨学金」

【5月18日〆切】ITを学ぶ知的で情熱的な女子学生を応援「Googleアニタ・ボルグ記念奨学金」

2014.05.13


IT業界での女性の地位向上を目指す

Googleは、IT系女子学生を対象とした「Googleアニタ・ボルグ記念奨学金  アジア太平洋(APAC)」奨学生を、2014年5月18日(日)まで募集しています。

Googleアニタ・ボルグ記念奨学金

「Googleアニタ・ボルグ記念奨学金 The Anita Borg Memorial Scholarship」は、女性がコンピュータとテクノロジーの分野で卓越し、ロールモデルやリーダーとして活躍することを目的に、04年にアメリカで創設。

現在はグローバルに展開している奨学金で、日本ではこれまで20名の女子学生が選ばれたのだそう。

コンピュータサイエンスの専門家だったアニタ・ボルグ Anita Borg博士(1949~2003年)は、IT業界での女性の地位向上に向けた活動などで知られ、現在女性が技術革新に参加し、リーダーとして参加できるのはアニタの功績ともいえます。

アニタ博士は、20年までにコンピュータ・サイエンスの学位を取得する女性の割合を50パーセントまで高めること目標に掲げましたが、現状では目標に遠く及んでいません。

97年に設立した「Institute for Women and Technology」は、現在は敬意を表して「アニタ ボルグ女性と技術研究所 Anita Borg Institute for Women and Technology」として運営されています。

97年に設立した「Institute for Women and Technology」は、現在は敬意を表して「アニタ ボルグ女性と技術研究所 Anita Borg Institute for Women and Technology」として運営されています。

対象となるのは、コンピュータ・サイエンス、ソフトウェア・エンジニアリング、もしくはそれに近い専攻(学部と大学院)に在籍している女子学生。

アジア太平洋エリアでは、オーストラリア、ニュージーランド、日本、韓国、東南アジア、インドから募集。

受賞者は、地域の授業料に応じて各国に適した奨学金を受け取ることになります。また、14年にアジア太平洋地域のGoogleオフィスで開催される受賞者交流会に招待されます。

応募資格は下記のとおり。

  • 15年の時点で、学士、修士、博士課程に在籍する女子学生であること
  • 中国、香港、台湾を除くアジア太平洋地域の大学に在籍していること(永住者、留学生も応募可能)
  • リーダーシップを発揮し、コンピュータ・サイエンス分野における女性の関わりを増大することに情熱を持っていること
応募方法は、下記の内容を「Googleアニタ・ボルグ記念奨学金」のページからオンラインで登録してください(書類ファイルは転送)。

  • 現在の連絡先、2015年の在籍機関
  • 最新の履歴書(日本語もしくは英語)
  • 成績証明書(大学院の場合は、学部の成績証明書も含む)
  • 小論文3本(日本語もしくは英語)

【Googleアニタ・ボルグ記念奨学金:アジア太平洋(APAC)】

  • 主催:Google
  • 対象:IT系の学部、大学院に所属する女子学生
  • 奨学金:地域の授業料に応じて各国に適した金額
  • 応募締切:2014年5月18日(日) 23時59分PST

最新情報をFacebookにて
いちはやくお届け!

Globaledu on Weekends

Globaleduで紹介した記事を、その週末の土曜朝にメールマガジンにまとめてお届けします。家族が集まる週末は、未来の学びについて考えるチャンス。プランニングのヒントとして活用してくださいね!

Thank you for subscribing.

Something went wrong.

  • LINE で情報発信はじめました♪ 
Globaledu編集部 動きながら考える。Be a doer!
みんなとシェアしたいイベントやアイデア、グローバルエデュへのご意見など、お気軽にお寄せください。
Send
Send