Home >> イベント >> 【12月12日】人権と自由のために手紙でアクション…世界人権デー「ライティングマラソン」

【12月12日】人権と自由のために手紙でアクション…世界人権デー「ライティングマラソン」

2015.12.08

世界人権デーに参加しよう

毎年12月10日に行われている「世界人権デー World Human Rights Day」をご存知ですか?

国連の決議により、1950年に人権および自由を尊重し確保するための記念行事を行う日として定められました。

この「世界人権デー」を前後して開催される「ライティングマラソン」は、不当な理由で人権侵害を受けたり投獄されている人たちへ、また、そうした囚人たちの釈放を求めて政府関係者に英語で手紙を書いて送ることで行動をおこす、世界最大の人権イベントです。

主催しているのは、世界で700万人以上が参加する世界最大の国際人権NGO「アムネスティ・インターナショナル」。

アムネスティは、国境を超えた自発的な市民運動が「自由、正義、そして平和の礎をもたらした」として、1977年にはノーベル平和賞も受賞しています。

2014年のライティングマラソンでは、世界で230万通以上の手紙やハガキ、メール、SNSなどで政府当局や本人宛てに送られ、ベラルーシの政治囚やチュニジアのブロガーが釈放されたそう。

2014年のライティングマラソンでは、世界で230万通以上の手紙やハガキ、メール、SNSなどで政府当局や本人宛てに送られ、ベラルーシの政治囚やチュニジアのブロガーが釈放されたそう。

イベントに集い、人権について考える

2015年は、12月4日(金)~18日(金)にかけて日本全国30ヵ所で関連イベントが企画されており、12月12日(土)には、東京で「12時間♥ライティングマラソン」が開催。

9時から21時までの12時間、会場となる「アムネスティ日本」東京事務所において、誰でも手紙書きに参加できるほか、さまざまなイベントも開催。

リサイクルサリーで「バングル」をつくったり(このアクティビティのみ要申し込み)、スペイン語で「手紙書き」に挑戦したり。手紙を書いたら、ぜひ参加したいですね。

  • 9時…スタート
  • 10時…アムネスティの2015年活動紹介
  • 10時30分…リサイクルサリーでバングル作り(エシカルライフスタイルブランド「VEGANIE」設立者・竹迫千晶さんによるワークショップ)
  • 12時…軽食:アジア各国のカレー食べ比べ
  • 13時…手紙を書こう(12の国の12の人権侵害を受けた人たちのために手紙を書く)
  • 16時…¡Viva!スペイン語であなたの言葉をメキシコにプレゼント(メキシコなどスペイン語圏の社会課題を長年追っているジャーナリスト・工藤律子さんの話あり)
  • 18時…Let’s Party!(DJを迎えて世界各地の音楽を聞きながら、食べて、飲んで、踊ろう♪ アムネスティの活動報告もあり)

個人でも参加できるノウハウもシェア

2015年は、ビルマ(ミャンマー)の学生活動家やマレーシアの風刺漫画家など、不当な理由で人権侵害を受けたり、投獄されている12のケースのために手紙を書きます。

ライティングマラソン

  • 【ブルキナファソ】 強制結婚させられる少女たち…マリアさんは13歳のとき、父親からすでに5人の妻のいる70歳の男性と結婚するように強要された。彼女が抵抗すると「結婚しないならお前を殺す」と言われ、その70歳の男性と無理やり結婚させられた
  • 【コンゴ民主共和国】フレッドとイヴ…活動家フレッド・バウマさんとイヴ・マクワムバラさんは「テロリスト」呼ばわりされ、違法に政権転覆を計画したとして起訴された。罪状は、政権の責任を問うよう若者に働きかけるイベントを企画したことである
  • 【エルサルバドル】テオドーラ・デル・カルメン・ヴァスケス…ヴァスケスさんは07年に胎児を死産で亡くした。仕事中、突然の激しい痛みに襲われた後のことだった。血の海の中で横たわっているときに逮捕された。のちに刑が重くなる殺人罪で30年の実刑判決を受けた
  • 【ギリシャ】コスタス…14年8月コスタスさんと難民である彼のパートナーはアテネの中心部で同性愛嫌悪かつ人種差別主義者の暴漢たちによってひどく殴られた。容疑者は特定されておらず処罰もされていない
  • 【イラン】サマン・ナシーム…サマン・ナシームさんは拷問を受け、兵士を銃撃したと自白。この「自白」を根拠にサマンさんは死刑判決を受けた。努力の結果再審が認められたが、この再審は公正に行われなければならない
  • 【マレーシア】ズナール…政治漫画家ズナールさんは、マレーシア野党指導者の投獄を批判するツイートをして、長期刑に直面している。政府は問答無用に異議や議論を封じ込め、批判者を拘束している
  • 【メキシコ】イェセニア・アルメンタ…12年7月、イェセニア・アルメンタさんは、警察署に連行され、夫の殺害を自白するまで激しい暴行を受けた。取調官らは、何時間も殴打し、強かんし、彼女の子どもたちを殺すと脅した
  • 【ビルマ(ミャンマー)】ピョーピョーアウン…ピョーピョーアウンさんはビルマで大規模な平和的抗議行動を組織した後、逮捕された。警察は学生たちに警棒で襲いかかった。彼女とその他多くの人びとは現在長期拘禁刑に直面している
  • 【サウジアラビア】ワリード・アブ・アル=カー…人権弁護士ワリード・アブ・アル=カーさんは、卑劣なテロリズム法により15年の実刑を受けた。投獄されたブロガー、ライフ・バダウィなど多くの活動家を弁護しており、サウジアラビアでますます拡大する弾圧に対抗してきた
  • 【シリア】ラニア・アラッバシィと子どもたち…評判の歯科医のラニア・アラバッシィさんは13年、自宅を訪れた政府職員に、6人の子どもとともに連れ去られた。それ以降だれもラニアさんらの消息を聞いていない。連行理由も不明なままである
  • 【米国】 アルバート・ウッドフォックス…アルバート・ウッドフォックスさんは、犯していないという罪で43年間投獄され、そのうち40年間独房に置かれてきた。犯行に結びつく物的証拠はなく、有罪判決は3度覆っているが、ルイジアナ州当局は、釈放を拒み続けている
  • 【ウズベキスタン】ムハンマド・ベクジャノフ…99年ウズベキスタン治安機関は、ジャーナリスト、ムハンマド・ベクジャノフさんを反国家的犯罪を犯した罪で拷問した。裁判官は、拷問による強要された証言を採用して有罪判決を下し、ムハンマドさんは今も投獄されている。

当日のイベントに参加できなくても、公式サイトには英語での手紙の書き方や宛先などの情報が掲載されているので、自宅から参加することも可能。

PDFファイルをダウンロードし、プリントアウトすれば封筒として活用することも可能です。

ダウンロードできるPDFの一部。英語での手紙の例文や住所などが記載されている。

ダウンロードできるPDFの一部。英語での手紙の例文や住所、それぞれの国の言葉による励ましのメッセージなどが記載されている。

監獄の暗闇のなか不安におびえている人たちにとって、世界からの励ましや応援のメッセージは希望の光になるはず。

イベントに関する詳細は、「アムネスティ日本」公式サイトで確認してください。

【12時間ライティングマラソン】

  • 主催:アムネスティ日本 東京事務所
  • 日時:2015年12月12日(土)9時~21時
  • 場所:「アムネスティ日本東京事務所」(東京都千代田区神田小川町2-12-14 晴花ビル7F)
  • 参加費:無料(ワークショップ、Let’s Party!は1000円の参加費が必要)

最新情報をFacebookにて
いちはやくお届け!

<