【Hour of Code】可能性をシェア「夏休み全国100校1万人プログラミング2016」参加校募集

プログラミングに触れてみよう

世界的なプログラミング教育推進プロジェクト「Hour of Code」は、2016年7月23日(土)〜8月31日(水)に「夏休み全国100校1万人プログラミング2016」を開催するにあたり、参加する小学校・中学校を募集しています。

「Hour of Code」はアメリカの非営利法人「code.org」が世界中で主唱し、日本国内では「一般社団法人みんなのコード」が日本国内事務局として推進しているプロジェクト。

小学生から参加できる、タイピング不要なブロックプログラミング教材を無償で提供しています(「Hour of Code」は1時間から参加できるプログラミング学習という意味)。

「みんなのコード」は、多くの子どもたちにプログラミングの楽しさを、多くの先生にプログラミング教育のポテンシャルと実現可能性を感じてもらいたいと考えから、このプロジェクトを開催しているそうです。

サポート態勢も万全

今回、この夏休み期間に子どもたちにワークショップを開催できる学校を募集。

プログラミングはできないし、どうしたらいいのかわからない。それに学校のパソコンが古くて教材が動くか心配…といった悩みにも、チューターを派遣してもらうなどのサポートを相談することもできます。

開催までの流れは、まずはフォームより申し込みを。校内での手続きを経たら、開催日程などの詳細を「みんなのコード」に連絡。

すると、開催時の注意点やワークショップの進め方、教材の解説などをまとめた資料が送られてくるそうです。

くわしくは、「みんなのコード」公式サイトで確認を。


【夏休み全国100校1万人プログラミング2016】

  • 主唱:Code.org/一般社団法人みんなのコード
  • 期間:2016年7月23日(土)〜8月31日(水)
  • 開催地:全国の学校
  • 準備物:人数分のパソコンもしくはタブレット
  • 開催費:無料
 

関連記事

  1. 【TechAcademyジュニア】最短4週間でアプリ開発…中高生向けオンライン講座16年11月開始

  2. 【10月4〜5日】日本最大国際協力イベント「グローバルフェスタJAPAN2014」@日比谷公園

  3. 【p.school】なぜプログラミングと英語は必須なのか…来年の学びに役立つセミナー12/10

  4. 【デザインあ展 in TOKYO】デザイン的思考を体感…佐藤卓さんのトークイベント 9/16

  5. 【君が作る宇宙ミッション2017】4泊5日で宇宙的課題にチームで挑戦…高校生20名募集 5/22〆

  6. 【Romo】専用アプリでプログラミングし感情や動きを育もう…iPhoneと連携する知育ロボット

  7. 【8月20日〆切】グローバル、デジタル、新聞活用の3部門で「朝日みらい教育賞」候補団体募集

  8. 【5月27日〆切】MS本社で開催…タブレットの新サービスを考案するコンテスト参加大学生募集

  9. 【中国留学フェア2019】清華や北京など世界トップ200の5大学含む22校が集結 10/19,20

グローバルエデュのプラン
7,495Fans
2,551Followers
40Followers
  1. エリート・オープンスクール・ラーニング・リソース・センター東京…

  2. アゴス・ジャパン(海外大学専門予備校)

  3. 【高校留学奨学金】応募条件や派遣先、大学の進路まで4大プログラム…

  4. 【海外大学奨学金】金額や対象国など…5つの奨学金制度から最適なも…

  5. 孫正義育英財団支援金

  1. エリート・オープンスクール・ラーニング・リソース・センター東京…

  2. アゴス・ジャパン(海外大学専門予備校)

  3. 国際高等専門学校(International College of Technology)

  4. 国際高等学校(2022年9月開校予定)

  5. 名古屋商科大学 英語による国際経営教育課程「Global BBA」

october, 2021

29sepallday31oct【〆切】国連WFP「ゼロハンガーチャレンジ」

01octallday【〆切】立教大学「GLAP奨学金2022」

05octallday05novおにぎりアクション2021

07octallday【〆切】JASSO「海外留学支援制度(学部学位取得型)2022」

09octallday10グローバルフェスタJAPAN2021

10octallday【〆切】STEM高校生女子奨学金2022

31oct07:4107:41【〆切】コカ・コーラ奨学生2022

X