中学・高校

【さいたま市】6年間一貫教育でグローバル人材育成を目指す…2019年に中等教育学校が開校

大宮西高が衣替えして開校

「さいたま市」は、グローバルリーダー育成を目指す中等教育学校を2019年に開校すると発表しました。

市立高校4校のうち、グローバル化先進校である「さいたま市立大宮西高等学校」を衣替えして開校する予定で(名称未定)、校舎建て替えなども視野に入れて施設を整備。

さいたま市は、07年に併設型中高一貫教育校「浦和中・高等学校」を開校しましたが、19年には中等教育学校を併せ持つ、全国初の政令指定都市となる予定。

さいたま市教育委員会作成資料から。
さいたま市教育委員会作成資料。

大宮西高校は、16年度の入学生をもって新入学生の募集を停止し、19年3月にすべての在校生が卒業。4月に中等教育学校の一期生が入学。

さいたま市から世界へ飛躍するグローバル人材育成を目指し、6年間一貫した特色ある教育内容を検討していく予定とのことです。


【さいたま市グローバル人材育成を目指す中等教育学校】

  • 開校:2019年4月
  • 場所:さいたま市大宮区三橋4-96(現さいたま市立大宮西高等学校)

最新情報をFacebookにて
いちはやくお届け!


Globaledu on Weekends

Globaleduで紹介した記事を、その週末の土曜朝にメールマガジンにまとめてお届けします。家族が集まる週末は、未来の学びについて考えるチャンス。プランニングのヒントとして活用してくださいね!

Thank you for subscribing.

Something went wrong.

Tags
Close
X