【3月22日】ミャンマーの子供たちにサッカー環境を届ける…「バブルサッカー大会」参加者募集

ロジカルライティング講座

楽しみながらミャンマーの子供たちを支援

バブル(Bumper)を着用して、飛んだり跳ねたり転がったりしながらプレーする「バブルサッカー」って楽しそうですよね!

ぜひやってみたい! という人も少なくないと思いますが、未経験者も気軽に参加できる「チャリティーバブルサッカー大会」が、2015年3月22日(日)、「としまえん」(東京・豊島区)のフットサルコートにて開催されます。

主催しているのは、国際医療ボランティア団体「認定NPO法人ジャパンハート」直属の学生組織「HEART’s」。

大会を開催する目的は、ミャンマーの貧しい子どもたちに「サッカー選手になる夢」を届けたい、というもの。

子どもたちにはサッカーが大人気。

ミャンマーの子どもたちにも、サッカーは大人気!

このイベントでの収益は、ジャパンハートが運営するミャンマーの養育施設「Dream Train」に寄付され、子どもたちがサッカーを行うための環境整備や、現地・国内での活動費として使われるそうです。

ミャンマーの養育施設「Dream Train」には、貧困から人身売買やHIV感染の危険にある子どもたち220人が暮しているのだそう。

ミャンマーの養育施設「Dream Train」には、貧困から人身売買やHIV感染の危険にある子どもたち220人が暮しているのだそう。

バブルサッカーについて

ルールは、フットサルとほぼ同じ形式となり、5対5でチームメイトと交代でローテーションしながら出場。そのうち1名はキーパーとなります(バブルを被っているので手は使用できない)。

予選(40試合)は総当たりのリーグ戦(5チーム×4リーグ)、決勝(3試合)はトーナメント戦となります。

競技ルールは、「バブルサッカー」公式サイトで確認しておくとスムースですね。

参加希望者は、ジャパンハート学生組織「HEART’s」公式サイトで詳細を確認のうえ申し込みを。


【チャリティーバブルサッカー大会】

  • 主催:NPO法人ジャパンハート学生組織「HEART’s」
  • 日時:2015年3月22日(日)14時〜18時
  • 場所:「Fisco Futsal arena としまえん」(都営大江戸線、西武池袋線「豊島園駅」下車)
  • 募集人数:18チーム(5〜10名)、個人でも参加可能。サッカー未経験者歓迎
  • 参加費:チーム/3万円、個人/3500円

ロジカルライティング講座

7,575Fans
3,459Followers
125Followers
  1. 【東京工業大学】総合型・学校推薦型選抜で「女子枠」導入…2024年は…

  2. 【難民映画祭2022】これまで10万人が参加…難民の困難さを乗り越える…

  3. 【ミライーね!カードゲーム】子どもたちの視点で、楽しみながら未…

  4. 【スタンフォード・オンラインハイスクール校長が教える子どもの『…

  5. 【TOPPA 2022冬】21世紀型リーダーを養成する基礎コース&アフリカ…

  1. ワールド・アローズ・インターナショナルスクール World Arrows Int…

  2. アゴス・ジャパン(海外大学専門予備校)

  3. ブリティッシュ・カウンシル英会話スクール

  4. 帝京大学可児高等学校「国際バカロレアコース」

  5. アントレ&リーダシップ教育「DECA JAPAN」

november, 2022

05novallday06Private & International School Fair 2022@クアラルンプール

X