中学・高校高校留学

【トビタテ!留学JAPAN】「未来テクノロジー人材枠」新設…高校生コース4期生500名 2/11〆

高校生も「未来テクノロジー人材枠」新設

「文部科学省」は、「2018年度トビタテ!留学JAPAN」高校生コース第4期生500名を、2017年10月2日(月)〜2018年2月11日(木)にかけて募集します*。

※2018年度に高1になる生徒で「アカデミック(テイクオフ)」コースに応募する場合は、2018年4月26日(木)が締め切り

トビタテ高校生4期

今回募集する留学期間は、2018年7月1日〜2019年3月31日までの間に留学が開始される計画で、募集するコースと人数は下記の通り。

  • アカデミック/テイクオフ ※新高2〜高3(14〜21日間)…100名
  • アカデミック/テイクオフ ※新高1(14〜21日間)…50名
  • アカデミック/ショート(14〜106日間)…90名
  • アカデミック/ロング(107〜365日間)…20名
  • スポーツ・芸術(14〜106日間)…80名
  • プロフェッショナル(14〜106日間)…80名(うち50名が「未来テクノロジー人材枠」)
  • 国際ボランティア(14〜106日間)…80名

4期生からは、「プロフェッショナル」コースで募集する80名のうち、50名が「未来テクノロジー人材枠」として採用されることになりました。

【関連記事】大学生でも8期生より「未来テクノロジー人材枠」新設

「未来テクノロジー人材枠」とは、数理情報科目やITの素養を持ち、将来的に携わりたいと考えるテクノロジー領域(プログラミング、制御技術、ロボティクス、Webサービス・デザイン、モバイルアプリ開発等)に関する学修やインターンシップ等の実践活動を行う奨学生の枠組みとなるそうです。

「未来テクノロジー人材枠」では、こんな留学も可能!
「未来テクノロジー人材枠」では、こんな留学も可能!

不採用の20名をQLD州が支援

また、4期生には「トビタテ!オーストラリア・クィーンズランド留学枠高校生コース」も開設され、「アカデミック(ロング)」において支援に至らなかった生徒に対して、QLD州から総額10万豪ドルが最大20名に対して支援されることになりました。

【関連記事】高校生コースに「豪QLD州枠」開設

なお、4期生も、原則として機構の第二種奨学金(予約採用)に掲げる家計基準を満たす生徒等が対象となりますが、支援予定人数全体のうち1割程度を上限に家計基準を超える生徒等を支援する予定です。

選考スケジュールについて

審査のスケジュールは、2018年2月中旬に書面審査、3月下旬に面接審査が全国8ヵ所(北海道②東北③関東④中部⑤近畿⑥中国⑦九州⑧沖縄)で開催される予定。

新高1生のアカデミック(テイクオフ)は、4月下旬〜5月上旬に審査があり、採否決定は5月中旬となる予定。

事前研修は、東京会で6月9日(土)、大阪で6月16日(土)で行われる予定です。

詳しくは、トビタテ!留学JAPAN「高校生コース」公式サイトで確認を。


【トビタテ!留学JAPAN「高校生コース」第4期生】

  • 主催:文部科学省
  • 運営:独立行政法人日本学生支援機構
  • コース:アカデミック(テイクオフ、ショート、ロング)、スポーツ・芸術、プロフェッショナル(「未来テクノロジー人材枠」)、国際ボランティア
  • 支援予定人数:アカデミック(テイクオフ)/100名(高2、3年生)、50名(高1)、アカデミック(ショート)/90名、アカデミック(ロング)/20名、スポーツ・芸術/80名、プロフェッショナル/80名(うち50名が「未来テクノロジー人材枠」含む)、国際ボランティア/80名
  • 募集期間:2017年10月2日(月)〜2018年2月11日(木)17時 ※「アカデミック(テイクオフ)」に応募する新高1のみ4月26日(木)17時締め切り

最新情報をFacebookにて
いちはやくお届け!


Globaledu on Weekends

Globaleduで紹介した記事を、その週末の土曜朝にメールマガジンにまとめてお届けします。家族が集まる週末は、未来の学びについて考えるチャンス。プランニングのヒントとして活用してくださいね!

Thank you for subscribing.

Something went wrong.

Tags
Close
X