高校留学

【トビタテ留学JAPAN】高校生コース2期生は1750名が応募、1期を大幅に上回る倍率3.5倍

2期生の応募状況が判明

「文部科学省」は、「2016年度トビタテ!留学JAPAN」高校生コース2期生の応募状況を発表しました。

トビタテ高校2期3

2期生の募集期間は、2015年10月25日~16年2月17日。

今後は、専門家・支援企業等からなる審査委員で選考を行い、2月下旬〜3月上旬に書類審査(一次審査)、 4月中下旬に面接(二次審査)、5月中下旬に合格者が決定。

6月中下旬に壮行会・事前研修の実施、6月24日から留学開始となります。

【関連記事】トビタテ高校生コース2期では500名を募集

なお、2016年4月に高校等へ入学する生徒を対象とした「アカデミック(テイクオフ)」は、4月22日まで継続して募集しています。

【関連記事】トビタテ高校生コース2期生で新高1生40名募集

1750名が応募し、倍率は3.5倍

2期生の応募状況は下記のとおり。

500名の募集に対し1750名が応募。倍率は3.5倍。

  • 応募生徒数…1750名(国立192名、公立826名、私立732名)
  • 在籍学校数…738校(国立42校、公立424校、私立272校)

分野別応募数は下記のとおり(カッコ内は募集人数)。

  • アカデミック・テイクオフ…677名(140名)
  • アカデミック・ショート…356名(100名)
  • アカデミック・ロング…214名(20名)
  • プロフェッショナル…87名(80名)
  • スポーツ・芸術…225名(80名)
  • 国際ボランティア…191名(80名)

応募者は3倍増、四国・九州からは4倍増

2期生では、「アカデミック(テイクオフ・ショート・ロング)」の応募がもっとも多く全体の約7割を占めており、新設されたテイクオフは677名が応募し、全体の約4割を占めています。

トビタテ高校2期

また、「スポーツ・芸術」や「国際ボランティア」は、1期とくらべ約3.5倍の増加。

応募人数も、生徒数、学校数ともにすべての国公私別において約3倍の増加が見られました。

トビタテ高校2期2

また、1期では応募者数が少なかった四国地方や九州・沖縄地方では約4倍の応募があったそうです。

【関連記事】高校生コース1期生の応募倍率は1.7倍


【「2016年度トビタテ!留学JAPAN」高校生コース2期生】

  • 主催:文部科学省
  • 募集期間:2015年10月25日~16年2月17日
  • 応募者数:1750名(国立192名、公立826名、私立732名)、在籍学校数/738校(国立42校、公立424校、私立272校)
  • コース別内訳:アカデミック・テイクオフ/677名、アカデミック・ショート/356名、アカデミック・ロング/214名、プロフェッショナル/87名、スポーツ・芸術/225名、国際ボランティア/191名

最新情報をFacebookにて
いちはやくお届け!


Globaledu on Weekends

Globaleduで紹介した記事を、その週末の土曜朝にメールマガジンにまとめてお届けします。家族が集まる週末は、未来の学びについて考えるチャンス。プランニングのヒントとして活用してくださいね!

Thank you for subscribing.

Something went wrong.

Tags
Close
X