奨学金

【トビタテ!留学JAPAN】渡航経験少ない学生や家計基準超学生も各1割採用予定…4期生募集

要件変更で応募しやすくなった4期

文部科学省は、「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」第4期生(2016年度前期)500名を、2015年7月1日(水)から10月30日(金)まで募集します(地域人材コースを除く)。

【関連記事】トビタテ第3期生の合格者404名が決定

tobitate4

4期からは、より多様な学生を送り出すべく、募集対象や要件などに下記の変更がありました。

  • 「海外初チャレンジ応援」枠を新設…海外累計滞在日数が半月程度以内の渡航経験が少ない学生を応援する枠を全体の1割程度とする。選考では、海外経験の少なさを考慮して、より人物面を重視した評価を行う
  • 「日本学生支援機構」第二種奨学金の家計基準・支援家計基準を超える学生も全体の1割程度採用。支援内容は、奨学金が一律10万円/月となる以外、家計基準を満たす学生と同等
  • 理系留学のコース名を、わかりやすく「理系、複合・融合系人材コース」に変更
  • 新興国コースの応募要件を緩和…要件から「ビジネスを視野に」を削除し、「現地語(英語以外)の習得、異文化理解等の学修」を追加し、新興国へ興味のある学生を幅広く支援
  • 世界トップレベル大学等コースは、要件に「大学の場合には、通常の講義(語学は除く)に出席し、単位が修得できる学生を対象」を追加

また、審査対象となる留学計画では、留学地での活動先(受入機関名)や活動内容の詳細よりも、応募動機や将来のビジョン、留学のミッションに沿った実践活動内容(テーマ、目的、期間等)を重視していくそうです。

4期生選考のスケジュールなど

対象となる留学は、16年4月1日~10月31日までの間に開始されるもので、留学期間は28日以上2年以内のプラン。

募集するのは下記の5コースで、今回も500名を募集(地域人材コースを除く)。

  1. 理系、複合・融合系人材コース(「自然科学系、複合・融合系人材コース」から名称変更)…220名(1割は高等専門学校生を予定)
  2. 新興国コース…80名
  3. 世界トップレベル大学等コース…100名
  4. 多様性人材コース…100名
  5. 地域人材コース…地域事業ごとに募集

審査の流れは、書面審査が11月中旬〜12月中旬、面接審査が16年1月16日(土)、17日(日)、最終合格発表は2月上旬を予定。

くわしくは、「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」公式サイトで確認を。


【「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」4期生募集】

  • 主催:文部科学省
  • 運営:独立行政法人日本学生支援機構
  • 留学時期:2016年4月1日~10月31日までの間に開始されるもの
  • 留学期間:28日以上2年以内(3ヵ月以上推奨)
  • 対象:日本の大学など高等教育機関に在籍する日本人学生など
  • 支援内容:奨学金、渡航費、授業料の一部を給付
  • 募集コース:理系、複合・融合系人材コース、新興国コース、世界トップレベル大学等コース、多様性人材コース 地域人材コース
  • 募集人数:500名(理系、複合・融合系人材コース/220名、新興国コース/80名、世界トップレベル大学等コース/100名、多様性人材コース/100名 ※地域人材コースは事業ごとに募集
  • 募集期間:2015年7月1日(水)~10月30日(金)正午必着(地域人材コース除く)

最新情報をFacebookにて
いちはやくお届け!


Globaledu on Weekends

Globaleduで紹介した記事を、その週末の土曜朝にメールマガジンにまとめてお届けします。家族が集まる週末は、未来の学びについて考えるチャンス。プランニングのヒントとして活用してくださいね!

Thank you for subscribing.

Something went wrong.

Tags
Close
X