奨学金

【東進】年間最大500万円×4年間を10名まで支給する「ハーバード大学留学支援制度」創設

世界で活躍するリーダー候補生を支援

全国で予備校や塾を展開する「東進」は、高校生を対象に奨学金を給付する「ハーバード大学留学支援制度」を創設しました。

未来のリーダー候補生である高校生にハーバード大学への進学を支援し、卒業後は日本の代表として世界を舞台に活躍する人材となってもらうことを目的としています。

東進ハーバード大学奨学金

奨学金は、年間ひとりあたり学費+300万円(上限500万円まで)を4年間支給し、最大10名分。13年度の卒業生からが対象となります。

返済の義務はなく、ハーバード大学から別途奨学金の給付がある場合は、学費の実負担額+300万円(上限500万円)。

対象となるのは、下記の条件を満たす高校生(13年度卒業生に適用、次年度以降は変更の可能性あり)。

  • 全国統一高校生テスト決勝大会において総合部門で上位10名に入った生徒
  • 東進が人物評か面接をして資格に足ると判断した生徒
  • ハーバード大学に入学する生徒

給付対象に選ばれた生徒は、入学後に月1回程度のレポート提出が義務づけられるとのことです。

【ハーバード大学留学支援制度】

  • 支給元:東進
  • 奨学金額:年間ひとりあたり学費+300万円(上限500万円まで)
  • 支給期間:4年間
  • 定員:最大10名まで

最新情報をFacebookにて
いちはやくお届け!


Globaledu on Weekends

Globaleduで紹介した記事を、その週末の土曜朝にメールマガジンにまとめてお届けします。家族が集まる週末は、未来の学びについて考えるチャンス。プランニングのヒントとして活用してくださいね!

Thank you for subscribing.

Something went wrong.

Tags
Close
X