親子留学

【留学hack03】達人ママが学校選びを指南…フィリピン親子留学④学校選びのコツをまとめ

ryugakuhack

  1. フィリピン親子留学比較①2013年 セブ「Bayside RPC」
  2. フィリピン親子留学比較②2014年 ダバオ「E&G」
  3. フィリピン親子留学比較③2015年 イロイロ「Dream」
  4. フィリピン親子留学比較④メリット&デメリット<まとめ>◀

フィリピン留学を選ぶ理由

1年半にわたり、3度フィリピンに留学したわが家。

これまでそれら3回の留学をレポートしてきましたが、今回は「フィリピン親子留学」についてまとめてみたいと思います。

Asia's First, Shining Through / Mr. Leeds
Asia’s First, Shining Through / Mr. Leeds

フィリピンに留学して実感したメリットは、やはり「費用対効果が高い」ということ。

マンツーマンの授業を中心にほぼ日中は英語漬けの環境となり、授業料と滞在費(寮や食事代)も含めて1ヵ月10万円程度で留学できるのは魅力的。

LCC「セブパシフィック航空」が2015年3月に成田空港にも就航したため、早く予約すれば安い運賃で行くことも可能です。

また、フィリピンは、英語ビギナーから中級者にとって英語学習の地として最適だと思います。

講師によって異なりますが、米国式の発音はクリアで初心者にも聞き取りやすく、英語ネイティブではないため「英語学習者」が必要としていることも理解しているため、勉強もはかどりやすいと思います。

そして、フィリピンの人は陽気でフレンドリーな人も多く、子供にもとても親しみやすい存在でもあります。

講師の人材が豊富で人件費も安いことから、ほかの地ではなかなか叶わない「マンツーマンレッスン」が多いことも魅力ですね。

フィリピン留学のデメリットは、やはり「治安面」となります。

ダバオとイロイロでは治安に不安はありませんでしたが、それでも空港には銃をもった警官がいるし、モールの入り口では荷物検査がかならずあります。

銃による犯罪も頻発する銃社会であることは確かなので、繁華街やダウンタウンにはなるべく行かないようにするなど、現地では犯罪に巻き込まれないための注意が必要となります。

学校選びのコツをまとめ

最新情報をFacebookにて
いちはやくお届け!


Globaledu on Weekends

Globaleduで紹介した記事を、その週末の土曜朝にメールマガジンにまとめてお届けします。家族が集まる週末は、未来の学びについて考えるチャンス。プランニングのヒントとして活用してくださいね!

Thank you for subscribing.

Something went wrong.

1 2 3 4次ページへ
Tags
Close
X