【三田国際学園中学校・高校】15年度に「戸板中学校・女子高校」が共学化してリニューアル

ロジカルライティング講座

グローバル時代の教育を実践

「戸板中学校・戸板女子高等学校」(東京・世田谷区)は、2015年度より共学化し「三田国際学園中学校・高等学校」としてリニューアルします。

同校のルーツとなる「三田高等女学校」にちなみ、「国際」社会で活躍する人材を育てるという思いを込めて「三田国際学園」という校名に決まったとのこと。

同校のルーツとなる「三田高等女学校」にちなみ、「国際」社会で活躍する人材を育てるという思いを込めて「三田国際学園」という校名に決定。

建学から112年間女子校として役割を果たしてきましたが、今後はグローバル社会の多様性、ジェンダーフリーの社会で活躍する人材の育成が時代の要請であるとし、共学校として生まれ変わることに。

創造と発想を教育の柱とするべく、21世紀型の「考えることを支援する相互通行型授業」を実践していく考え。

問いかけを出発点とし、思考して回答を導くサイクルを常態化することで、生徒の知的好奇心を刺激。IQ(知能指数)よりもCQ(好奇心指数)、PQ(情熱指数)を高めていきたいとしています。

中学校には、「本科クラス」と「インターナショナルクラス」の2クラスを設置。

「インターナショナルクラス」では、帰国生など英語を自由に話せる生徒と、小学校まで英語を勉強しなかった生徒を受け入れ、イマージョン教育を行う予定。

三田国際学園中学校・高等学校2

高校には「本科コース」に加え、「スーパーイングリッシュコース」と「スーパーサイエンスコース」の3コースを設置。

「スーパーイングリッシュコース」では、週10時間の英語授業を軸に、ネイティブスピーカーとの対話を中心にした教育を展開。

4技能(読む・書く・聞く・話す)をバランスよく習得し、英語でのコミュニケーション力を養い、世界で通用する英語を身につけます。

「スーパーサイエンスコース」は、実験を重視した授業を展開し、研究者にふさわしい姿勢で学ぶための環境を整備。

1年生では生物・化学・物理の基礎知識と実験技術を身につけ、2年生からは専門分野を追究し、科学的思考力を高めていきます。

学校説明会は、6月以降に中学で10回、高校で7回実施される予定です。


【三田国際学園中学校・高等学校】

  • 開校:2015年4月
  • 住所:東京都世田谷区用賀2-16-1
[amazonjs asin=”479499785X” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”首都圏高校受験案内2015年度用”]

ロジカルライティング講座

7,575Fans
3,459Followers
125Followers
  1. 【東京工業大学】総合型・学校推薦型選抜で「女子枠」導入…2024年は…

  2. 【難民映画祭2022】これまで10万人が参加…難民の困難さを乗り越える…

  3. 【ミライーね!カードゲーム】子どもたちの視点で、楽しみながら未…

  4. 【スタンフォード・オンラインハイスクール校長が教える子どもの『…

  5. 【TOPPA 2022冬】21世紀型リーダーを養成する基礎コース&アフリカ…

  1. 成長のチャンスに満ちた国際学生寮「U Share西早稲田」

  2. ワールド・アローズ・インターナショナルスクール World Arrows Int…

  3. ブリティッシュ・カウンシル英会話スクール

  4. グローバルリーダー養成プログラム「TOPPA!!」

  5. 帝京大学可児高等学校「国際バカロレアコース」

november, 2022

05novallday06Private & International School Fair 2022@クアラルンプール

X