【東京都】20年に向けて国際交流を加速…オリンピック教育「世界ともだちプロジェクト」とは

リオ以降、オリンピック教育が加速

2016年の「リオデジャネイロ・オリンピック」が終わると、つぎはいよいよ2020年「東京オリンピック・パラリンピック」ですね。

オリンピックのすばらしさを体感できるような、東京ならではの教育プログラムを推進していきたい——

そんな観点からオリンピック教育の目標や内容について検討するために、14年10月、東京都教育委員会は「東京のオリンピック・パラリンピック教育を考える有識者会議」を発足。

11回にわたり議論を重ねてきた内容をまとめた最終提言を、15年12月21日に公表しました。

tokyo

このなかで、「5つの資質を伸ばすための4つのプロジェクト」を提案。

リオ大会以降、全公立校でこれらのプロジェクトへの取り組みをスタートし、大会までの約4年間、各学校で年間35時間程度を計画的かつ継続的に実施していきたいとしています。

世界ともだちプロジェクト

東京ならではの国際交流を実現

グローバル教育に関連する項目としては、「世界ともだちプロジェクト(GlobalFriendshipProject)」が提案されています。

「世界ともだちプロジェクト」は、1998年の長野オリンピックにスタートし、現在では国際的に活用されている「一校一国運動」を発展させ、東京ならではの国際交流を推進していこうというもの。

「一校一国運動」とは、オリンピック開催地の学校が応援する国や地域を決め、その国や地域の文化や言語を学習したり、オリンピック選手などと交流したりして異文化理解を深めようとする活動。

東京には大使館が集中しており、留学生や多様な国籍の人々が住んでいることから、可能な限り実際の交流へと深化させていきたいとしています。

具体的には、留学生や大使館などとの交流、手紙やメールのほか、海外研修や姉妹都市交流などの活動を深めていくことを想定。

また、参加国をバランスよく学べるよう、「ヨーロッパ、アメリカ、アフリカ、アジア、オセアニア」の5大陸各1ヵ国をセットにしたグループ表を用意し、各学校が選べるようなしくみも構築。

世界ともだちプロジェクト2

これらのプログラムは、オリンピック以降も継続して発展させ、息の長い活動としていくことが重要であるとしています。

 

関連記事

  1. 【Tokyo Global STAGE ’20】2020年までの3年で実行「東京グローバル人材育成計画20」

  2. 【横浜国際高校】2019年開設「国際バカロレアコース」の定員25名、日本語DPなど詳細決定

  3. 【Glocalstay01】毎年約50名が留学…生きる力が育まれると評判の種子島「宇宙×島留学」

  4. 【種子島】親子で滞在する家族留学も可能に…「宇宙留学2017」留学生約30名募集10/31〆切

  5. 【秋田県】総勢2000名が参加予定…小中高対象の2泊3日「イングリッシュ・キャンプ」

  6. 【次世代グローバルリーダー育成プログラム2021】世界で活躍できる学びを提供…茨城県の中高生40名 5/7〆

  7. 【種子島2021】小中学生対象の人気「宇宙留学」など3つの留学制度をチェック 10〜12月〆

  8. 【茨城県】2年間じっくり学ぶ「次世代グローバルリーダー育成プログラム2019」40名4/29〆

  9. 【岐阜大学】修士課程を再編し理工系グローカル人材を育成「自然科学技術研究科」17年度設置

グローバルエデュのプラン
7,495Fans
2,425Followers
40Followers

july, 2021

26may(may 26)04:3213aug(aug 13)04:32タフツ大学「Tufts Pre-College Programs Summer 2021」

19junallday06augハーバード大学「高校生サマースクール2021」

28jun(jun 28)06:0430jul(jul 30)06:04「フィリップス・アカデミー2021 summer」オンライン

24julallday【〆切】ブラウン大生から学ぶ「日本お宝探し選手権2021夏」

25julallday美トレ2021

28julallday【〆切】ブリティッシュ・カウンシル高校生夏講座②

28julallday【〆切】ブリティッシュ・カウンシル小中学生夏講座②

30jul06:1606:16【〆切】ワールド・ビジョン・サマースクール2021

31julallday【終了】「自分ごと化プロジェクト」クラウドファンディング

31julallday【〆切】KOTOWARI会津サマースクール

31julallday【〆切】Z会奨学金2022

X