【11月22日】「国際教養大学」が「親子で参加できるEnglish Immersion Program」開催

学生による英語レッスンが受けられる

「国際教養大学」は、秋田県民向け公開講座「親子で参加できるEnglish Immersion Program:英語を楽しく学んで話してみよう!!」を、2014年11月22日(土)に開催します。

地域貢献活動の一環として開催されるイベントで、対象となるのは小学3年生から6年生の児童60名。

子供たちには英語を使用したアクティビティを実施し、保護者向には教員による英語教育に関する講演会を同時開催します。

国際教養大学親子講座

学生が指導する英会話レッスンでは、英語レベル別にクラスわけされるので、初心者も参加可能。

参加希望者は、下記の情報を「国際教養大学」企画課研究・地域連携支援チームにメールにて送付して応募してください。

  • 名前(参加者全員)
  • 住所
  • 電話番号
  • 小学校名、学年
  • 英語のレベル
  • メールアドレス

参加の可否は、後日メールで連絡があるそうです。

応募詳細などは、「国際教養大学」公式サイトにて確認を。


【親子で参加できるEnglish Immersion Program:英語を楽しく学んで話してみよう!!】

  • 日時:2014年11月22日(土)13時~16時
  • 場所:「国際教養大学」D棟(秋田市雄和椿川字奥椿岱)
  • 対象:小学3年生~6年生(大人の同伴が必要)
  • 定員 :60名
  • 申込締切:2014年11月7日(金)
 

関連記事

  1. 【6月24日〆切】夏休みにお稽古6回+発表会で伝統を体感…「キッズ伝統芸能体験」参加者募集

  2. 【トイサブ!プラス】わが子に最適なSTEM+英語玩具が年4回届く定額レンタルサービス開始

  3. 【わが家の学び道02】東京インターナショナルスクール アフタースクール(東京・勝どき)

  4. 【3月4〜24日】伊勢丹本館6階にオープン…学びの場「cocoiku(ココイク)」体験教室開講

  5. 【成田空港】年3回のダイナミックな学びプログラム「エコキッズクラブ2019」60名 6/17〆

  6. 【アンパンマンABCボード】松香氏監修「フォニックスアルファベット」で英語耳を育む玩具発売

  7. 【ブリティッシュ・カウンシル】マイクラとアートでワクワク英語力も磨く…小中学生向け“国内留学”サマープログラム2021

  8. 【スマイルゼミ】小学校までに身につけたい10分野をひとりで学べる「幼児コース」12月開講

  9. 【GLI】まだ別々に通ってるの? 同時に学べば効果も倍増「英語とプログラミング」が学べるスクールの魅力

グローバルエデュのプラン

7,575Fans
3,034Followers
125Followers
  1. 【オーストラリア留学フェア2022】自動翻訳システム完備…約60の教育…

  2. 【ブリティッシュ・カウンシル】完全英語環境で仲間と課題解決に挑…

  3. 【ブリティッシュ・カウンシル】マイクラも体験できる…30時間完全英…

  4. 【樫尾俊雄発明記念館】人の役に立つアイデアを募集!小学生対象「…

  5. 【ラグビースクール・ジャパン】北海道で音楽やドラマを学ぶ2コース…

  1. グローバルリーダー養成プログラム「TOPPA!!」

  2. アントレ&リーダシップ教育「DECA JAPAN」

  3. 帝京大学可児高等学校「国際バカロレアコース」(2022年9月開講予定…

  4. 成長のチャンスに満ちた国際学生寮「U Share西早稲田」

  5. ブリティッシュ・カウンシル英会話スクール

may, 2022

17mayallday【〆切】レゴ「Build A World of Play Challeng」

20mayallday【締切】ブラウン大学 Summer@Brown 2022https://precollege.jp/event/summerbrown2022

20mayallday【〆切】「埼玉発世界行き」2022年度奨学生

21mayallday6つの教育機関が集結!「サマープログラム2022合同説明会」

27mayallday【締切】東京都「次世代リーダー育成道場2022」https://precollege.jp/event/tokyo_globalleader2022

29mayallday【〆切】DECA JAPAN「起業力塾2022夏」

29mayallday【〆切】TOPPA CAMP

31mayallday【〆切】高校生科学教育大賞

31mayallday【〆切】SENPAIプログラム2022春

31mayallday【〆切】日本生物学オリンピック2022

X