【大阪府】「聞く・書く」問題を5割超に…17年度より府立高入試英語問題を実践的内容に改変

難易度の高い高校で実施予定

「大阪府」は、2017年度より「TOEFL iBT」や「英語検定」などの外部検定試験を入試結果に反映していく方針を発表していますが(13年11月)、同時期に英語の学力検査問題も大幅に改変することを発表しました。

【関連記事】大阪府が17年入試より外部検定スコアを得点に反映

大阪府立高英語入試

英語の学力検査問題は難易度別に3種類作成する予定で、今回発表されたのは難易度のもっとも高い試験。

グローバル・リーダーズ・ハイスクール(10校、11年度より大阪府が指定)のほか、国際文化科やグローバル科の設置校などで実施されることを想定しています。

【グローバル・リーダーズ・ハイスクール】10校

北野高校、豊中高校、茨木高校、大手前高校、四条畷高校、高津高校、天王寺高校、生野高校、三国丘高校、岸和田高校

試験問題は、問題文もすべて英語で構成されるとのこと(注釈語は日本語使用)。

また、「実践的に使える」英語教育への転換を視野に、英語4技能「読む・聞く・書く・話す」のうち、問題の半分を「聞く・書く」力を試す内容とする予定。

13年度は、リスニング(聞く)は約20パーセント、ライティング(書く)は約8パーセントという配点となっていますが、リスニングを約33パーセント、ライティングを約20パーセントまで引き上げる予定。

また、リーディング(読む)は、1分間に読むべき語数を35語(13年度)から96語に増やし(2.7倍)、より長い文章をスピーディーに理解する力が問われるようになります。

外部検定で出願する生徒の読み替え得点率は、下記のとおり。

  • 100パーセント…TOEFL iBT/60点、IELTS/6、英検/準1級
  • 90パーセント…TOEFL iBT/50点、IELTS/5.5、英検/−
  • 80パーセント…TOEFL iBT/40点、IELTS/5、英検/2級

難易度の低いふたつの検査問題についても、小中学校での英語教育状況を鑑みながら「4技能」育成に資する内容へ移行していく予定です。


【平成29年度大阪府立高等学校学力検査】

  • 問合せ先:大阪府教育委員会事務局 教育振興室高等学校課 学事グループ
  • 導入予定:2017年度の府立高等学校学力検査より
  • 対象:グローバル・リーダーズ・ハイスクール10校、国際文化科やグローバル科の設置校など

 

 

関連記事

  1. 【イスラエル工科大学】世界の高校生と競い合う…9日間「HAIFA TechTeen 2019」3/15〆

  2. 【大阪府立高校】英検なら準1級を満点に換算…17年入試より外部検定スコアを得点に反映

  3. 【ユニリーバ】オンラインサマープログラム「2days高校生インターンシップ2021」300名 8/12-13

  4. 【都立多摩図書館】外国雑誌1400タイトル…雑誌と児童書に特化した国内最大公立図書館が移転

  5. 【アジアサイエンスキャンプ2018】インドネシアで開催…総合科学イベント20名募集 4/27〆

  6. 【atelier basi】全国の高校生の海外大受験を無償サポート…コロンビア大生の活動に支援を

  7. 【岐阜大学】修士課程を再編し理工系グローカル人材を育成「自然科学技術研究科」17年度設置

  8. 【甲南高等学校】10週間の短期留学を柱に2年間で学ぶ「グローバル・スタディ・プログラム」

  9. 【壱岐イルカパーク】月1000円から全国どこからでもイルカを支援できるサポータークラブの魅力

グローバルエデュのプラン
7,575Fans
3,040Followers
125Followers

may, 2022

27mayallday【締切】東京都「次世代リーダー育成道場2022」https://precollege.jp/event/tokyo_globalleader2022

29mayallday【〆切】DECA JAPAN「起業力塾2022夏」

29mayallday【〆切】TOPPA CAMP

31mayallday【〆切】高校生科学教育大賞

31mayallday【〆切】SENPAIプログラム2022春

31mayallday【〆切】日本生物学オリンピック2022

X