【天王寺区】中学生対象の「即興型英語ディベートスクール」を14年8月から月2回で開講予定

即興型で臨機応変な英語力を

「天王寺区」(大阪市)は、中学生を対象とした英語のディベートスクールを、2014年8月から月2回のペースで開講する予定です。

対象となるのは、区内在住・在学の中学生(大阪市民に限る)で、各回定員は30名程度。

ディベートを通じて英語のコミュニケーション能力を強化し、さらに留学生と交流する機会を持つことで、外国の文化も理解・尊重できる人材を育てたいとしています。

ディベートは、テーマ発表後およそ20分間の準備を経て討論に入る「即興型」を想定しており、さまざまな局面に臨機応変に対応できるコミュニケーション能力を磨くことが期待されています。

5月には、大阪府立大学・中川智皓助教授の指導のもと公開模擬ディベートも行われ、中学生6人が肯定チームと否定チームにわかれて「宿題を廃止すべきである」をテーマに討論しました。

中川智皓助教が研究代表者を務める「高等学校における即興型英語ディベートプロジェクト」公式サイトより。

中川智皓助教が研究代表者を務める「高等学校における即興型英語ディベートプロジェクト」公式サイトより。

現在委託事業者を公募しており、6月に事業内容が決定。

7月に受講者を募集し、8月より半年間に月2回程度スクールを実施し、14年度末には競技ディベート大会も予定。

また、同時期に留学生等との交流を目的とした英語による「国際交流カフェ」も月イチで開始する予定とのことです(定員は50名程度)。


【英語による即興型ディベートスクール】

  • 主催:天王寺区(大阪市)
  • 期間:2014年8月から半年間、月2回程度の実施を予定
  • 対象:区内に在学・在住の中学生
  • 定員:各回30名ほど
 

関連記事

  1. 【都立国際高校】外国人生徒は9.6倍!2018年度「国際バカロレアコース」応募倍率は5.35倍

  2. 【東京都】7〜9月開催「外国人おもてなし語学ボランティア」育成講座への参加者504名募集

  3. 【teracoya THANK】地元企業が英語×科学で人材育成…知立市にグローカルな教育施設オープン

  4. 【TOKUSHIMA英語村】14年に「県立牟岐少年自然の家」を拠点に実践型英語教育施設を設置

  5. 【大阪府】「聞く・書く」問題を5割超に…17年度より府立高入試英語問題を実践的内容に改変

  6. 【国際教養大学】「英語が伝わる」を体感する独自メソッド…2泊3日「English Village」の魅力

  7. 【都立国際高等学校】外国人生徒も歓迎…16年度から「国際バカロレア」カリキュラム導入へ

  8. 【秋田県】総勢2000名が参加予定…小中高対象の2泊3日「イングリッシュ・キャンプ」

  9. 【茨城県】2年間で海外大進学も視野に!? グローバルな素養が身につく中高生講座40名 4/29〆

グローバルエデュのプラン
7,495Fans
2,425Followers
40Followers

july, 2021

26may(may 26)04:3213aug(aug 13)04:32タフツ大学「Tufts Pre-College Programs Summer 2021」

19junallday06augハーバード大学「高校生サマースクール2021」

28jun(jun 28)06:0430jul(jul 30)06:04「フィリップス・アカデミー2021 summer」オンライン

24julallday【〆切】ブラウン大生から学ぶ「日本お宝探し選手権2021夏」

25julallday美トレ2021

28julallday【〆切】ブリティッシュ・カウンシル高校生夏講座②

28julallday【〆切】ブリティッシュ・カウンシル小中学生夏講座②

30jul06:1606:16【〆切】ワールド・ビジョン・サマースクール2021

31julallday【終了】「自分ごと化プロジェクト」クラウドファンディング

31julallday【〆切】KOTOWARI会津サマースクール

31julallday【〆切】Z会奨学金2022

X