【天王寺区】中学生対象の「即興型英語ディベートスクール」を14年8月から月2回で開講予定

即興型で臨機応変な英語力を

「天王寺区」(大阪市)は、中学生を対象とした英語のディベートスクールを、2014年8月から月2回のペースで開講する予定です。

対象となるのは、区内在住・在学の中学生(大阪市民に限る)で、各回定員は30名程度。

ディベートを通じて英語のコミュニケーション能力を強化し、さらに留学生と交流する機会を持つことで、外国の文化も理解・尊重できる人材を育てたいとしています。

ディベートは、テーマ発表後およそ20分間の準備を経て討論に入る「即興型」を想定しており、さまざまな局面に臨機応変に対応できるコミュニケーション能力を磨くことが期待されています。

5月には、大阪府立大学・中川智皓助教授の指導のもと公開模擬ディベートも行われ、中学生6人が肯定チームと否定チームにわかれて「宿題を廃止すべきである」をテーマに討論しました。

中川智皓助教が研究代表者を務める「高等学校における即興型英語ディベートプロジェクト」公式サイトより。

中川智皓助教が研究代表者を務める「高等学校における即興型英語ディベートプロジェクト」公式サイトより。

現在委託事業者を公募しており、6月に事業内容が決定。

7月に受講者を募集し、8月より半年間に月2回程度スクールを実施し、14年度末には競技ディベート大会も予定。

また、同時期に留学生等との交流を目的とした英語による「国際交流カフェ」も月イチで開始する予定とのことです(定員は50名程度)。


【英語による即興型ディベートスクール】

  • 主催:天王寺区(大阪市)
  • 期間:2014年8月から半年間、月2回程度の実施を予定
  • 対象:区内に在学・在住の中学生
  • 定員:各回30名ほど
 

関連記事

  1. 【佐渡島】まだ間に合う2021年度留学…小1〜中3の親子対象「松ヶ崎留学」第1期生 3/15〆

  2. 【島根・知夫里島】人口600人の島でグローカルに学ぶ「島留学体感ツアー2016」参加親子募集

  3. 【東京都】民間テストと連携し、2019年度より都立高校入試の英語テストにスピーキングを導入

  4. 【TOKUSHIMA英語村】14年に「県立牟岐少年自然の家」を拠点に実践型英語教育施設を設置

  5. 【地域みらい留学2022】県外高校に留学して多様性と未来を創る力を手に入れる…オンライン説明会 7-8月

  6. 【英語教育調査2017】高校英語教師の3割超が英検準1級以下!? 高3の準2級達成率4割未満…?

  7. 【茨城県】2年間じっくり学ぶ「次世代グローバルリーダー育成プログラム2019」40名4/29〆

  8. 【大阪・箕面市】国に先駆け、15年度から全市立小学校の全学年で英語教育を毎日実施

  9. 【都立多摩図書館】外国雑誌1400タイトル…雑誌と児童書に特化した国内最大公立図書館が移転

グローバルエデュのプラン
7,495Fans
2,547Followers
40Followers
  1. 孫正義育英財団支援金

  2. リクルートスカラシップ学術部門

  3. 柳井正財団海外奨学金

  4. 東京都次世代リーダー育成道場

  5. AFS高校生年間派遣プログラム

  1. 国際高等専門学校(International College of Technology)

  2. 名古屋商科大学 英語による国際経営教育課程「Global BBA」

  3. 国際高等学校(2022年9月開校予定)

october, 2021

29sepallday31oct【〆切】国連WFP「ゼロハンガーチャレンジ」

01octallday【〆切】立教大学「GLAP奨学金2022」

05octallday05novおにぎりアクション2021

07octallday【〆切】JASSO「海外留学支援制度(学部学位取得型)2022」

09octallday10グローバルフェスタJAPAN2021

10octallday【〆切】STEM高校生女子奨学金2022

31oct07:4107:41【〆切】コカ・コーラ奨学生2022

X