【相談室】わが家のグローバル教育

【グローバル教育相談室20】志望大学に帰国生枠がない…帰国生も一般入試で出願できますか?

globalfamily_title

帰国生の大学受験について

アメリカもしくはカナダ、オーストラリアなどの英語圏の現地高校へ留学を考えています。

海外の高校を卒業した場合、帰国生枠で受験できるようですが、私が希望している大学には帰国生枠がなく、一般枠での受験となりそうです。

日本の高校を卒業していなくても、大学受験はできるのでしょうか?

念のため受験資格の確認を

日本の高校を卒業していなくても、日本の大学を受験することはできます。

どの大学でも、募集要項に「出願資格」についての記載があり、この出願資格に、日本での教育を受けていたのであれば「小学校から高校までの12年間の通常の課程を修了したこと」という条件があります(大検は別条件となります)。

海外の学校を卒業した生徒については、外国において「学校教育における12年間の課程を卒業した者、または卒業見込みの者」というような条件が書かれています。

あるいは「その国の統一試験を受けている者」、「国際バカロレア資格、アビトゥーア資格(ドイツ)、バカロレア資格(フランス)を所持している者」という場合もあります。

つまり、通常は12年の教育課程を修了していれば出願資格はあるとみなされるはずです(12年間に日本での教育期間が含まれていても問題ありません)。

ただし、大学によって出願資格は細かな点で異なるので、留学前に志望大学に確認をしたほうが安心です。

また、アメリカ、カナダ、オーストラリアなどでは問題ありませんが、教育システムが日本と大幅に異なる国の現地校に通う場合、日本での受験資格が得られるかどうか、かならず事前に大学や現地の大使館に確認をしてください。

現在、教育の国際化が進んでいることから、帰国生の扱いも各大学で大きく変わってきています。

それは、海外から帰国する子供たちに不利になるのではなく、門戸が広げられる変更となっています。

ですから、現在帰国生枠がない大学でも新たに枠を設ける可能性もありますが、帰国のタイミングで志望大学に帰国生枠がない場合は、やはり一般受験となります。

その場合、受験科目がかならずしも現地の学校で実施されているとは限らず、また、受講できても内容が日本の入試範囲内とは限りませんので、現地校での勉強と受験勉強を同時に行うことになります。

これはとても大きな負担になるので、少しでも効率よく学習を進められるよう、大学や入試に関する情報をしっかりと集めるようにしてくださいね。

また、帰国生の場合、一般受験が可能でも提出する書類が異なる場合があるので、早めに確認をしてください。

受験システムが異なる海外では、日本の大学が要求する書類を現地校に作成してもらうのにとても時間がかかってしまう場合があります。

郵送にも時間がかかりますので、海外からの受験準備はすべて早めに動くのが鉄則です。

回答者/崎田和紗子

10年前に渡豪後、現地にて日本人のための教育機関にて教育管理や学習指導に携わりながら、日本人親子の教育や精神面のサポートを行う。2013年に「国際教育支援研究所」を設立し、国際教育で生じる不安や悩みについて、保護者や子供たち、教師を対象としたサポートと親子の理想の教育を実現するためのプラン作成「教育デザイン」の指導を行っている。「崎田和紗子」の名は、6年前の誕生日に支援を受けたお礼にと子供たちからその名前の一字ずつを合わせて贈られたもの。「子供たちの未来のための仕事」という初心を忘れないために、仕事の大切なパートナーとして使用している。

最新情報をFacebookにて
いちはやくお届け!


Globaledu on Weekends

Globaleduで紹介した記事を、その週末の土曜朝にメールマガジンにまとめてお届けします。家族が集まる週末は、未来の学びについて考えるチャンス。プランニングのヒントとして活用してくださいね!

Thank you for subscribing.

Something went wrong.

Tags
Close
X