大学

【広島大学】15年度より4学期制を、16年度新設の「未来創成学部(仮)」では秋入学を導入

世界標準の大学を目指す

「広島大学」(広島県東広島市)は、2015年度より4学期制を試験的に導入し、16年度から全学的に実施すると発表しました。

学期の区切りを世界標準に合わせることで、海外学生の受け入れや留学しやすい環境を整えていく考え。

4学期制は、13年に「早稲田大学」、14年度から「お茶の水女子大学」や「慶応大学」が導入するほか、15年度から「東京大学」と「立教大学」が実施する予定です。

【関連記事】4学期制、早稲田に続き慶応と東大で導入決定

広島大学

広島大学では、現行の2学期制の前期、後期をそれぞれふたつにわけ、4、6、10、12月に新学期をスタート。

学期は2ヵ月単位で区切り、週1回の90分授業を週2回にし、単位をこれまでの半分の8週間で集中して取得できるようにしたいとしています。

選択する科目によっては、夏休みや学年末の前後を調整して海外留学やインターンなどの体験学習にあてることができ、学生たちの成長につなることを期待しています。

16年度に新設する、グローバル人材育成を目指す新学部「未来創成学部(仮)」(定員80名)では、10月の秋入学の制度を導入する予定です。

Broadcast live streaming video on Ustream


【広島大学 4学期制導入】

  • 住所:広島県広島市中区東千田町1-1-89
  • 導入時期:2015年度に試験的に導入、16年度に全学的に実施
  • 対象:全学部(一部例外的な学科などもあり)

最新情報をFacebookにて
いちはやくお届け!


Globaledu on Weekends

Globaleduで紹介した記事を、その週末の土曜朝にメールマガジンにまとめてお届けします。家族が集まる週末は、未来の学びについて考えるチャンス。プランニングのヒントとして活用してくださいね!

Thank you for subscribing.

Something went wrong.

Tags
Close
X