【早稲田大学国際教養学部】英検とTOEFLを評価…2018年度「英語4技能試験」活用入試導入

英検とTOEFLを評価する新試験

「早稲田大学」国際教養学部は、2018年度一般入試(2018年2月に実施)より、「英語4技能試験」を活用した試験を実施します。

早稲田国際教養入試

これまで独自に実施していた「英語リスニング試験」を2017年度入試を最後に廃止し、英検とTOEFL iBTの試験結果を合否の判定要素として導入(未提出による出願も可能)。

また、これまで国語50点、地歴または数学50点、外国語(英語)100点という配点を、2018年度からは国語50点、地歴または数学50点、外国語(英語)85点、英語4技能試験(素点換算)15点とします。

素点換算は下記のとおり。

  • 15点…英検/1級、TOEFL iBT/95点以上
  • 10点…英検/準1級、TOEFL iBT/72〜94点
  • 5点…英検/2級、TOEFL iBT/42〜71点
  • 0点…英検/準2級以下、TOEFL iBT/41点以下、未提出

選考方法は下記のとおり。

  1. 国際教養学部が出題する試験(国語、地歴または数学、外国語(英語))の受験
  2. 英語4技能試験(英検もしくはTOEFL iBT)の試験結果の評価(素点換算)※出願開始年月より2年間遡った月の翌月初日以降に受験した試験結果を有効とする
  3. 上記1の得点に2を加算して、合否判定を行う(選択科目(地歴または数学)については、難易度による差が生じないように得点調整を行う場合がある)

詳細は、「早稲田大学入学センター」公式サイトにて、2017年11月上旬公開予定の「2018年度入学試験要項」で確認を。


【「早稲田大学」国際教養学部一般入試制度変更】

  • 導入年度:2018年度入試(2018年4月入学者向け入試)
  • 募集人数:150名(予定)
  • 試験日程:2018年2月13日(火)予定
  • 合格発表:2月21日(水)予定
 

関連記事

  1. 【立命館大学文学部】語学検定試験やIBを評価…17年度にAO入試「国際方式」2タイプ新設

  2. 【武蔵大学】英語による授業が7割…17年に人文学部「グローバル・スタディーズコース」開設

  3. 【東京女子大学】賞金30万円…高校生以上対象「ビジネスプランニングコンテスト」11/29〆

  4. 【玉川学園】大学院に国際バカロレア教員資格が取得できる「IB研究コース」を15年度に開設

  5. 【千葉大学】飛び入学制度「先進科学プログラム」が2020年度よりプログラマー対象入試開始

  6. 【6/15】東工大がリベラルアーツで進化する!?「リベラルアーツ研究教育院」創設シンポジウム

  7. 【トビタテ!留学JAPAN】6倍の応募者から選抜…59ヵ国に派遣する第1期生323名が決定

  8. 【東海大学】2023年問題に着手…16年度よりハワイ大と連携し米国式医学教育プログラム導入

  9. 【武蔵野大学】授業料+教育充実費を最大4年間100%免除「グローバルリーダー奨学金制度」

グローバルエデュのプラン
7,575Fans
3,299Followers
125Followers

july, 2022

03julallday【〆切】TOPPA Global Leader Summer Course

10julallday【〆切】GEM Talks 2022

11julallday08augJASSO海外留学オンラインフェア2022

18julallday【締切】JA Travel and Tourism Business Program (TTBiz) 2022

20julallday【〆切①】ブリティッシュ・カウンシ「小学生サマー英語プログラム」

20julallday【〆切①】ブリティッシュ・カウンシ「中高生サマー英語プログラム」

24julallday【イオラニ・スクール】サマー・レジデンシャル・プログラム2022

27julallday【〆切②】ブリティッシュ・カウンシ「小学生サマー英語プログラム」

27julallday【〆切②】ブリティッシュ・カウンシ「中高生サマー英語プログラム」

X