英語4技能テスト

【明大・国際日本学部】18年度一般入試で英検準1レベルを英語満点換算、他2科目加算し判定

英語が得意な人に有利な入試

「明治大学」国際日本学部は、2018年度より一般選抜入学試験(2018年4月入学)で英語4技能テストを活用しますが、出願の際に必要となるスコアやレベルが公表されました。

2008年に開設された「国際日本学部」は、「世界の中の日本」という視点に立って積極的に世界に価値ある情報を発信できる国際人を育成。英語で講義を行う科目も多数ある。
2008年に開設された「国際日本学部」は、「世界の中の日本」という視点に立って積極的に世界に価値ある情報を発信できる国際人を育成。英語で講義を行う科目も多数ある。

対象となるのは、国際日本学部の一般入試(2018年2月9日実施)受験希望者で、下記の条件を満たしていることが証明できる人。条件を満たした場合、試験科目「外国語」は200点満点として扱われ、残り2科目の得点とあわせた総合点で合否が判定されます。

  • 英検(CSE2.0)…準1級以上
  • TEAP(4技能パターンに限る、CBTのスコアは認めない)…334点以上
  • TOEFL iBT…72点以上
  • IELTS(アカデミック・モジュールに限る)…5.5点以上
  • TOEIC(L&R)&TOEIC S&W…L&Rで785点以上かつS&Wで310点以上
  • GTEC CBT…1160点以上
  • ケンブリッジ英検…FCE以上

※スコア等の証明書類は2016年1月30日以降に受験(英検は2次試験日)し、かつ出願締切日までに提出できるもの。TOEFL iBT、TOEIC (L&R)& TOEIC S&Wは日本国内で受験した結果に限り提出が認められます

なお、2017年度一般入試での募集人数は230名。3科目の配点は、国語(150点)、地理歴史、公民(100点)、外国語(200点)で、合格者の最低合計点は312点だったそうです。

合否判定は一律志願者全員の総合点で行なわれ、満点換算対象者用の合格者枠はないそうです。

詳細は、明治大学公式サイトで11月上旬公開予定の「一般入学試験要項」で確認ください。


【明治大学「国際日本学部」英語4技能資格・検定試験】

  • 導入時期:2018年度一般入試
  • 試験日:2018年2月9日
  • 対象資格:英検(CSE2.0)/準1級以上、TEAP(4技能パターンに限る、CBTのスコアは認めない)/334点以上、TOEFLiBT/72点以上、IELTS(アカデミック・モジュールに限る)/5.5点以上、TOEIC(L&R)&TOEIC S&W/L&Rで785点以上かつS&Wで310点以上、GTEC CBT/1160点以上、ケンブリッジ英検/FCE以上

最新情報をFacebookにて
いちはやくお届け!


Globaledu on Weekends

Globaleduで紹介した記事を、その週末の土曜朝にメールマガジンにまとめてお届けします。家族が集まる週末は、未来の学びについて考えるチャンス。プランニングのヒントとして活用してくださいね!

Thank you for subscribing.

Something went wrong.

Tags
Close
X